"山爺とSpey"

O.D大好きな山爺です。主にフライフィッシング、登山、スキーなどを楽しんでいます。

>> EDIT

第10回 下澤孝司&安田龍司 九頭竜川フライフィッシングスクール

4月7日~8日(土日)に福井県永平寺町地内、九頭竜川河畔において「第10回 下澤孝司&安田龍司 九頭竜川フライフィッシングスクール」が開催されました。

**安田代表の2017年活動報告**
20180407_08 sr_scool3 
寒の戻りで山手は雪、開催地の永平寺町でも霙交じりの雨となり、寒い二日間となりましたが、一年ぶりに会う仲間や初めての出会いを楽しみに、遠くは関東、関西方面から多くの方が参加されました。

**食事を楽しみながら活動報告に聞き入る**
20180407_08 sr_scool1 
初日は、キャスティングデモを真剣に見られ、その後のミニトーナメントでは、和気藹々。
夜の懇親会では上手い料理とアルコールも入り、トーナメントの成績発表は豪華商品と拍手で称えられました。また、2017年度の活動報告が安田龍司代表よりあり、振り返ればあっと言う間の一年間でしたが、その影で安田代表の多忙な日々と努力を忘れる事はありません。

**料理(レストラン サニーサイド)**
20180407_08 sr_scool0 
**料理(レストラン サニーサイド)**
20180407_08 sr_scool2 
オークションで最高潮に盛り上がった所で〆の一本締め、今年もサクラマスレストレーションは精力的に活動して参ります。
 
二日目は、キャスティングスクール。下澤孝司氏のスペイキャスティングと、安田龍司氏のオーバーヘッドキャスティングに分かれ、受講生の皆さんは技術の向上に励んでおられました。
雨も上がるお昼頃には全予定を無事終了、今回も非常に有意義なスクールとなりました。

**雨の中、始まったキャスティングスクール**
20180407_08 sr_scool4 
**キャスティングスクール(OH)**
20180407_08 sr_scool5

今回、参加されました皆様、講師の下澤孝司氏、安田龍司氏、懇親会会場をご提供して戴きましたレストラン サニーサイド様、お世話になりありがとうございました。
また、来年を楽しみにしております。

《予告》4月15日(日) 九頭竜川クリーン作戦 是非、ご参加ください。

スポンサーサイト

| sakuramasu restoration | 00:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2018大日ヶ岳BC(動画編)

好天続きの中、小寒波を当てにして、大日ヶ岳(1,709m)へバックカントリーを楽しんで来ました。

連日の陽気で雪融けも進んでいましたが予報どおり冷え込んだ朝となり、高鷲スノーパークのフロントで登山届けコピーを提出、ゴンドラでスキー場トップまで行き、BCエリアへ。
雪面はアイスバーン、シール装着で直登しましたが、スリップしそうな急斜面ではクランポンを付けるほどもなく2、3度ジグを切っての登頂となりました。山頂からの眺めは絶景!目の前に白山山系、御嶽山や乗鞍岳は勿論、美濃の山々や遠くは北アルプス立山剱岳などがハッキリと見え、360度のパノラマは感動でした。風もなく暖かい日差しについ長居をしてしまいました。

山頂からドロップ。直後、アイスバーンに油断してバランスを崩しそうになりました(笑)前大日の雪洞前で早めのランチタイムを済ませてここから待望のツリーランを楽しみましたが、やはり厳冬期のパウダーで滑りたかったのが正直な所です。
数本登り返している内に気温も上がり、場所によっては緩んで、複雑な雪質となってきましたが、独り占めのツリーランが堪能出来ました。下山時刻にゆとりを見て少し早めに下りる事にしました。ゲレンデトップの高度に合わせてトラバース気味に滑り、ゴンドラ頂上駅に到着、山頂カフェ「ポポロ」でコーヒータイム。
後は、ゲレンデスキーを楽しみながら下山、フロントに寄り、下山報告を済ませて今日のミッションは終了、爺には良い運動となりました。
スキー場の営業はGWまでだそうで、まだまだ楽しめるBCエリアでした。

**大日ヶ岳BC(動画編)**



| mt. | 22:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

やろっさFUKUI「サクラマスサミット」

サクラマスを通して九頭竜川の恵みや環境について考える「サクラマスサミット」を紹介してくれました。サクラマスレストレーションの活動も仲間達とご紹介させて頂きました。
森田公民館主催 「サクラマスサミット」
広報福井市 2018/03/31 に公開

**サクラマスレストレーション活動も・・・**

| sakuramasu restoration | 12:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

太郎平小屋の小屋番さんを訪ねて

太郎平小屋の小屋番さんを訪ねて久方ぶりの立山山麓(極楽坂・らいちょうバレー)スキー場へ行って来ました。

**立山山麓(極楽坂・らいちょうバレー)スキー場** 
 
初日は天候に恵まれ美しい立山が見れましたが、ピステはアイスバーンからこの陽気でザクザクユキとなり思いの外、疲れました。翌日は一変して冬に逆戻り、未明からの雨も場所によっては雪となり、花粉症も少しは和らいでくれましたが楽しみにしていた太郎平一樹さんとのスキーセッションはお預けとなり、観光にシフトして「立山カルデラ砂防博物館」を見学、立山駅前を散策してきました。 

失態?ラッキーと言うべきか、宿泊先にスキー靴を置き忘れたのを理由に、今期の営業終了直前に再訪する事となり、スキーセッションの可能性が出て来ました。ただ、天候が再び崩れそうで気掛かりではあります。 

《お世話になった先、ご紹介》
○ロッジ太郎:太郎グループ、北アルプス薬師岳にある太郎平小屋、薬師沢小屋、高天原山荘、スゴ乗越小屋の情報発信基地、立山温泉のロッジ太郎
○レストラン大東:太郎グループ、ホワイトシーズンは立山山麓スキー場極楽坂エリアにて営業
○五十嶋商店:太郎グループ本店 富山の地酒をはじめ、TATEYAMA36のオリジナル雑貨
○おにぎりの志鷹:おにぎり そば 白えびコロッケが美味
○立山カルデラ砂防博物館:常願寺川の源流部にある侵食作用によって形成された立山カルデラの峻厳な自然と、県土の保全のため行われてきた砂防事業を紹介
○道の駅 細入:現地物産など 五平餅、団子が美味

| mt. | 23:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2018 貝月山 BC

地元の山でバックカントリーを楽しんで来ました。

**ツリーランは楽しいです**
mt kaizuki bc0 
朝の気温は-3℃、アイスバーンの割にはシールの効きも良く快適なハイクとなりました。

**もう少しで小貝月山です**
mt kaizuki bc11 
気温上昇とともに雪面変化があり、日陰と日の当たる場所の差は極端、春スキー突入です。
尾根沿いの雪屁は要注意、小規模な雪崩も見られました。1,000m位までの夏道は既に雪解けが進んでおり、ウォーキングとなります。

**朝は晴れて眺めも最高でした**
mt kaizuki bc4 
杉林が多いこの辺りは花粉も多く対策を忘れてしまった事が悔やまれました。
滑走に適した斜面があれば滑って見ますが登り返しが辛い今日この頃です。

**春スキーではランチも楽しみです**
mt kaizuki bc1 

**動画『2018 貝月山 BC』**


パウダーは望めませんが春スキーはまだまだこれからです。
次は何処にしようか計画中です(^_-)-☆

| mt. | 01:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>