"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

>> EDIT

「第32回アマゴ発眼卵放流」実施

今日は、所属するBPFF(ビーバーポンド フライ フィッシャーズ)の発眼卵放流に参加して来ました。
今年で32年目となる発眼卵放流は、発眼卵の積算温度の関係で延期となっていた事もあり参加者は当初よりかなり少ないものとなりました。
漁協の放流委員さん立会いにより、雨の中での作業ではありましたが手際良く進められ無事に終了しました。
「第32回アマゴ発眼卵放流」
放流日:11月27日 9:00~13:30
天候:曇りのち雨 
気温:11℃
水温:支流/7.5℃ 本流/9.5℃
放流量:アマゴの発眼卵30,000粒(支流/20,000粒 本流/10,000粒)
放流方法:WVBほかによる人工卵床へ埋設 (WVB=フィットロック バイバード ボックス)
特記:従来のWVBに加え今回は回収不要の自然に優しい孵化ボックス(フランス製)を一部使用。
   今後はこの孵化ボックスの経過を見て行きます。

**少数精鋭?(笑) 作業は手際よく進められました**
hatsuganranhoryu.jpg 
※参加されました皆さん、ありがとうございました。
次回、回収日は多くの方の参加をお待ちしておりますのでどうぞ宜しくお願いします。
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

『祝 10周年 荒川サーモンフィッシング』

今年は荒川サケ有効利用調査が始まって10周年となる記念すべき年です。そんな縁起が良い年に荒川サーモンフィッシングデビューの釣友お二人をご案内して荒川入りとなりました。

しかし、今年の遡上は卵床の数や規模から目に見えて少ないのがうかがえ、それだけに好ポイント探しは今までそれほど気を使わなかった卵床を見付ける事にも気を留めていました。それだけに4年魚の記録的大不漁ニュースは現実となり天候も含めて翻弄された二日半となりました。
噂どおりの厳しい状況に迷いのサーモンフィッシングとなってしまい参加して以来始めての散々たるものでした。
ただ、お一人がフレッシュなメスを初ゲットされたのと、もう一方はあと一歩まで来て痛恨のフックオフでしたが来年に良い材料となったのがせめてもの救いでした。

**荒川サケ有効利用調査、10周年おめでとうございます**
image.jpg 
毎年お世話になる宿泊先の『いづみや旅館』眞さんからは同じくメモリアルグッズのキーホルダーを頂いたり、毎回食べに行く「ずど~ん」で有名な『割烹食堂いそべ』磯ちゃんからは荒川サーモンフィッシング10周年のメモリアルグッズステッカーを頂いたりと嬉しい事もありました。
皆さん、ありがとうございました!

**「ずど~ん」と頂いたプレミアムグッズ、旨かった「 〆張鶴」、湯元「龍泉」も良かった**
image1.jpg 
こんな年は越後観光もあり。初めての瀬波温泉でゆっくり疲れを癒やしたり、最終日は早々に切り上げて海沿いのR113を新潟市へと・・・昼食を2時間あまり遅らせてのランチは「ピアBandai」に立ち寄り海鮮弁当で顔満悦♪ 市場でズワイガニと筋子、明太子をお土産にして早めの帰宅となりました。

**来年も安くて新鮮な新潟の食の発信基地「ピアBandai」に立ち寄りますかね~♪**
image2.jpg 

村上市でお土産にした「越淡麗 〆張鶴 純米吟醸」をやりながらズワイガニも旨いだろうね~(^_-)-☆

| 未分類 | 00:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

日本百名山 荒島岳(1,523.5m)

荒島岳(別名 大野富士)は奥越高原県立自然公園の中にあり、大野盆地から見上げる度にまた登りたくなる山でした。

今月始め、小津権現山から花房山縦走を終え、中三日を空け誘われるかの様に好天の荒島岳頂上を目指しました。
途中の白山ベンチからは冬化粧した白山連邦が見え、来年の縦走に思いが馳せました。
ブナの原生林では落ち葉を踏みながら歩くのが心地良く、もちがかべを登り切る頃には尾根も狭くなりダイナミックな展望に見とれてしまいます。

**百名山らしく登山道も整備されてルートも複数あります**
mt arasima1 
今冬一番の冷え込みから頂上付近は初冠雪となって思わぬ三段紅葉のプレゼントに気分は最高です。
一等三角点頂上には荒島大権現の神社があり、その歴史も古く信仰の山でもあります。
周囲360度の展望は、北アルプスから白山連邦、能郷白山などの越美山地など素晴らしい展望に百名山たる由縁をあらためて思い知らされました。
今年初めての積雪がなんだか嬉しく、雪だるまを作ったり写真を撮りまくったりと時間も忘れて長居、まるで子供の様な私でした。

**この日、荒島岳は初冠雪でした**
mt arasima2 
次回は山友達と登りたいですね(^O^)/
勝原コース:登り3時間10分/下り2時間20分
荒島岳(Wikipedia):https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E5%B3%B6%E5%B2%B3

| mt. | 22:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

『安田龍司フライフィッシングスクールin木曽川』のご案内

皆さん、こんにちは。
日増しに寒くなって来ましたが皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。
さて、この夏にサクラマスレストレーション活動にご参加頂いている方からのご要望で『安田龍司フライフィッシングスクールin犀川』を開催させて頂きました。とても内容の濃い有意義なスクールとなり、ご参加頂きました皆様にはご好評を頂いておりました。

一般の方からも解禁前には開催して欲しいとの熱いご要望があり、その声に動かされる形で師走のお忙しい時期ではありますが、愛知と岐阜に挟まれた木曽川河川敷にて『安田龍司フライフィッシングスクールin木曽川』を開催させて頂く事となりました。
この度、詳細が決定しましたのでご案内させて頂きます。人数に限りがありますのでお早めにお申込みください。
※今回は「Fly Fishing Post」さんと[「山爺とSpey」で告知、募集しております。

2016安田龍司フライフィッシングスクールin木曽川

■日程:12月10日(土)雨天決行

■場所:すいとぴあ江南
    〒483-8007 愛知県江南市草井町西200番地

■集合/受付:すいとぴあ江南駐車場/12月10日(土)8:00~8:45

■タイムスケジュール:12月10日(土)
             8:00 受付(すいとぴあ江南)
             9:00  開会 
                  デモンストレーション 
            10:00  FFスクール・午前の部
            12:00  休憩(ランチ)
            13:00  FFスクール・午後の部
            15:00  ゲーム・キャスティングトーナメント(一般受講者・SR活動参加者)
             17:00  フリータイム
                  懇親会会場へ移動(割烹 漁火 〒504-0833 岐阜県各務原市入会町2-45)
             18:30  懇親会
            21:30  閉会
※タイムスケジュールは天候や川の状況などにより変更となる場合もありますのでご了承ください。

■お申込み:①から⑥の項目にご記入の上、ご連絡ください。
①お名前
②お歳
③住まいの都道府県・市町村
④ご連絡できる携帯番号またはアドレス
⑤スクールの受講(有・無)
⑥忘年会及び懇親会の参加(有・無)
■お申込みなどご連絡先:ご連絡はこちらの「山爺とSpey」
”『安田龍司フライフィッシングスクールin木曽川』ご案内”のコメント欄、非公開コメント①~⑥の項目をご記入の上、ご連絡ください。
       http://speyjii.blog.fc2.com/blog-entry-207.html
※お申込み後、ご連絡させて頂きます。
■定員:12名
■申込締切:12月4日(日)まで 但し、スクール及び懇親会が定員に達し次第、締め切らせて頂きます。
■スクール受講費:¥5,000円(当日受付にてお支払いください)
■懇親会代(ご希望の方のみ):¥4,000円+飲み物代(酒・ビール・ウーロン茶など/当日集めます)
■持物:ツーハンドロッドなどタックル類/ウェーダー/雨具/着替え/10日のお弁当/飲み物など
■その他:10日の懇親会会場「割烹 漁火」〒504-0833 岐阜県各務原市入会町2-45
            ぐるなび http://r.gnavi.co.jp/kwksvb8a0000/
 昼食は各自でご用意ください。
 すいとぴあ江南はご宿泊・お食事・日帰り入浴できます。
        〒483-8007 愛知県江南市草井町西200番地
        TEL:0587-53-5111
        URL:http://suitopia.jp/index.html
12月10日の『安田龍司フライフィッシングスクールin木曽川』は一般受講者の方を対象に募集しております。

| 未分類 | 14:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

山トレへ・・・小津権現山~花房山への縦走

去年、新たに整備された小津権現山から花房山の縦走路(往復8時間/15Km)を歩いてみました。
杉谷林道終点にある登山道入り口から小津権現山(1,157m)までの4Km登りが2時間30分。
頂上には白山権現の祠がありました。
曇って来てはいるが能郷白山、白山、御岳山、恵那山、伊吹山など贅沢な景観が独り占めです。

**小津権現山(1,157m)**
ozugongen.jpg 
小津権現山から花房山(1,186.5m)は直ぐ目の前に見えますが実際は幾つかのピークを越えますので2時間30分は見ておいた方が良いでしょう。新しいルートだけに登山道の踏み跡は分かり難く登山者が増える事で歩き易い道が出来ると思います。
花房山頂上も周囲の展望は良く、直ぐ下方に徳山ダムと徳山湖が見え、天気次第で素晴らしい奥揖斐の景観が楽しめます。

**花房山(1,186.5m)**
hanabusa.jpg 
帰りも同じ登山道を折り返しますが、往復8時間、15kmと健脚向きの日帰り縦走コースです。

| 未分類 | 23:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>