"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

>> EDIT

スキー・クランポンのテスト&トレーニング

天候も昼近くになって回復傾向となり、クランポンのテストを兼ねて近くの山へトレーニングへ行って来ました。

前日にクランポンとスキー靴の隙間を埋めるスペーサーを作製してクランポンに取り付けたものと、スペーサーのスペアーもザックに入れて現地入り。
雪の車止めからクランポンの歩行テスト開始、慣れていない事もありぎこちないがTLT金具のヒールがフリーとなっている事で楽に歩けました。
20~30度ぐらいの登りになるとクライミングサポートを1段上げる事で対応、林道から外れて杣道に入ると急に登りはきつくなりますが雪で道幅が広がり足元に気を使う事はありませんでした。
間引きされた林の中に入り尾根に出ると更に登りがきつくなり、クライミングサポートをMAXに設定してみますがクランポンが効きません。クランポンとスキー靴の隙間はスペーサーのおかげで踏み込む度に雪に食い込んでいるのですが、雪が柔らかいのが原因でスリップして捉える事が出来ません。
クランポンも斜度と雪質によってクライミングサポートを上手く使い分ける必要がありそうです。

バージンスノーを期待して旧スキー場跡のトップにトラバースして回り込んでみましたが既に先を越されていました。残念ではありましたが閉鎖されてから12、3年経った今もグッドな斜面であった事に感謝でした。
ここで休憩、谷の向こう側は鍋倉山、そして谷沿いに上がると日坂越え、更に峠を跨いた一際大きな山が貝月山です。
熱いコーヒーとバナナケーキを頂いてからなんとなく寝転びたくなって青空を見上げていると若い頃、夢中になっていたスキーパトロールやインストラクターの活動が思い出され懐かしくもありました。

風で枝が擦り合う音で何気に貝月山方面を見ると雪雲に覆われはじめていました。もう、ゆっくりしてる時間はありません、間もなく吹雪いてくるでしょう。クランポンを外して見通しが利く内に滑りやすい斜面を見付けて降りましたが、湿った深雪にはコントロールするのも疲れます。
林道へ降りてそのまま車に滑り込む様に到着すると同時ぐらいに吹雪となりました。

**20年ぶりぐらいに来てみました**
20170122bc ski 

次回は時間とロケーションを広げてもっとテスト&トレーニングする必要がありそうです。
また、最新のクライミングスキーシールも手に入れて比較してみたいと思います。
スポンサーサイト

| mt. | 20:52 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

BCスキーツアーの助っ人?

気に入りのBCスキーにディナフィット クランポン90mmを取付てみました。
板:ロシニョール バンディットB2 182
金具:ディナフィット TLT ST VERTICAL
靴:ディナフィット Freeride FR Aero TF
このクランポンはTLT金具にワンタッチで装着出来るのでツアーも楽々!
次回のトレーニングが楽しみです♪(^O^)/
**まだまだ現役のお気に入りスキーです**
dynafit crampons 900mm un 

| mt. | 16:58 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

足慣らし(初滑り)

雪中トレーニングに行って来ました。
今日は、オープンしたばかりの地元のスキー場で足慣らしです。去年は雪不足で思う様に滑れなかった事もあり、最初はゆっくりチェックを入れながら滑ります。
5、6本も滑るとなんとか調子も上がって来ましたが、吹雪の中は辛いものです。
休憩を入れながらのんびり慣らして来ました。

**オープン直後とはいえ空き空きでした♪**
20170116ski ibikogen1 

そうそう、若い頃にスキー学校やパトロール隊で仲間だった友達と久し振りの再会がありました。お互いに年を取ったなぁ~なんて大笑い。今度は久し振りに一緒に滑ろうや!と、約束して今日のトレーニング終了、久し振りにスキーを堪能して来ました。

**今シーズンは遠征もしてみようかな~**
20170116ski ibikogen2 

今日、使用したスキーは少々古くなっちゃいましたがお気に入りです。山スキーを意識したTLTビンディングが取り付けてあるので今度、クランポンを取り付けて楽しみたいですね~♪(^_-)-☆

| mt. | 20:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

雪中トレーニング!

10年ぶりぐらいの雪中トレーニングをして来ました。
アプローチは15分強で登山口に到着、低山ではあるけれど折りしも大雪、早めの判断で退却も念頭に置いての冬装備で入山。
ここで、下山して来た方と出合った。積雪の為に途中でルートが分からなくなった為に引き返したそうです。上の方は小さな尾根が幾筋かある為にそれも頷ける。

スタート地点は積雪15cmほどでしたが、時折、吹雪いたり収まったりを繰り返される中、急登を上がるにつれて積雪量は増え、先行者のラッセルがありがたいと思うのでした。おかげで引き返された地点までは特に問題なく辿れました。

しかし、そこからがきつかった。積雪は30~40cm、新雪ではあるがかなりウエットな雪にワカンジキを置いて来てしまった事が悔やまれた。
林道併用の登山道が近いと感じながらも白の世界にルートファンディングを誤り、少し戻る事でどうにか林道に出る事が出来た。ところが安心したのも束の間、この林道が落とし穴であった。積雪が一変し、60cmを超える場所もあり、出来るだけ少ない樹木の下をラッセルしながらである。

のどが渇きプラティパスのハイドレーションホースバルブを銜えると、なんと凍りかけていた。厳冬期は使えないものであるとあらためて悟った。
風のない所でランチをとも思ったが、ラッセルのおかげで予定より時間をロスした為に持参したホットケーキと、ポットに入れてきた熱いコーヒーで済ませ、ひたすらラッセルして前進します。

吹雪の中に上の電波塔が見えたが雪は更に深くなり股ぐらいまでとなった。ツボ足ではここらが限界。吹雪きが激しくなり視界が悪くなった事もあり、これ以上は無理と断念して下山する事にしました。

帰りは尾根伝いのルートを幾度もトラバースするのが面倒になり直線的にショートカット、スキーが欲しいと思えた。時々、ルートチェックを入れながら14:30に無事下山。

**White snow!これもまた楽し♪**
 snow ikedayama
今回、久し振りの雪中トレーニングでしたが、ワカンジキを忘れたり、ハードシェルのファスナーのウェルディング部が左右とも剥がれてしまったり、ハイドレーションシステムの使用時期を思い知らされたりと事前チェックなど初歩的な反省点も多かったです。
ほかにもソロであるが故に色々な事が思い出され、見えて来た事もあり、今後の充実を図るための材料にしたいと思います。

| mt. | 21:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

WAKASAGI

朝靄の中、友人達と一年ぶりのワカサギ釣りを楽しんで来ました。
去年は不漁の年でしたが今年は数、サイズ共にまずまずで、特にサイズは形揃い、掛かった時の引き応えは最高でした。充分な釣果に満足、午後は早めに切り上げました
これから徐々に子持ちワカサギが釣れる様になるそうで、それもまた楽しみです。
持ち帰ったワカサギは唐揚と南蛮漬けにして頂きたいと思います。

**余呉湖 川並桟橋**
 20170110yogoko wakasagi

| wakasagi | 21:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>