"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

3/20の九頭竜川情報

週末がベスト?・・・
2013年3月20日(水/春分の日)
天候:曇り/雨
気温:10~18℃
風速:南南東 5m/s
水温:8℃
水況など:平水(角川の水位1.17m/7:00) 濁りあり、透明度はおよそ60cmほどでした。
※22日20:00には0.87mまで減水して、濁りも殆ど影響がないと思います。

**午前6時ごろの福松橋下流・・・増水が分かります**
20130320kuzuryu0.jpg


先ずは高速の上流へ・・・
チョッと早過ぎるとは思ったが、準備をしている所へなんと、横浜から遠征され17日にご一緒させて頂いたYURAGIさんが来られてビックリ! ご挨拶してお話しを伺えば、その日の午後から降り出した雨が、夜中にはかなりの雨量となったそうで、翌日は増水と濁り、オマケに強風で、温泉避難と読書で終ってしまったそうです。結局、一日滞在を延期されて今日の再会となりました。

**怪しい方ではありません、花粉対策をしたYURAGIさんです**
20130320kuzuryu1.jpg

河原に行くと先行者がありました。温かくなるに連れて釣人の朝も早くなっています。
水温は8℃、増水前よりおよそ30cm程、水位が高くなって川岸の生えてた草が水没しています。
当然、流芯も太く長くなっていますが、濁りはかなり好くなってきて6~70cmほどでしょうか、釣りには問題なさそうです。フライはカラーを重視してチューブにシャートリューズのマラブーを巻いたものYURAGIさんの後に続き釣り下ったが二人とも反応はなし!^^; で、移動。

**高速の上流・・・浅場は濁りがない様に見えます**
20130320kuzuryu1_1.jpg

水道局前へ・・・
水道局前の駐車スペースに到着すると・・・あれ?よく見ればブラッドノットの岡田裕師さんでした。
ご挨拶をしていて思い出しましたが、今日は富山から友人のYAGIさんが来られる事になっていて、岡田さんとスチール釣りに行った繋がりで一緒に釣る事になっていた様です。
後ほど友人が到着してからご一緒させて頂く事にして、私とYURAGIさんは更に下流へ移動。

三日月へ・・・
堤防道路から下りて駐車、今年は三日月の近くまで車で行けるのでありがたいです。
三日月の下部、合流付近には先行者があったが、釣れていないとの事でした。増水した分、流芯が遠くなってしまい、良い所にフライが届かないのが辛いですね。
結局、ここも何事も無く終了して移動。

**三日月下流のYURAGIさん**
20130320kuzuryu2.jpg

水道局裏へ・・・
友人から、岡田さんと合流したとの連絡があり、私達も移動。
丁度、一流しされた所へ私達も到着し、ランチを一緒にする事にして、それまではそれぞれのポイントへ移動。
私達は、このままここで一流ししてみたが反応無く、気付けばランチタイムとなっていました。

**水道局裏、下流にYURAGIさん**
20130320kuzuryu2_1.jpg

ランチに移動・・・
岡田さんに案内して頂いたのが"けんぞう蕎麦"でした。話しには聞いていましたが、なるほど人気の店には列が出来ていました。

**辛味大根の絞り汁と、つゆで頂く十割蕎麦は最高!**
20130320kuzuryu4.jpg
待つ事、15分。古民家風の店内に入り、辛味大根の絞り汁と、つゆで頂く十割蕎麦は涙がジワーッと滲んでくる程の刺激で蕎麦との愛称がとても良かったです。

**けんぞう蕎麦で満腹、皆さんの笑顔がイイですね!**
20130320kuzuryu.gif
店を出た所でYURAGIさんは帰途に着かれ、私達はそれぞれ移動。

再度、高速の上流へ・・・
風が強くなり、時折、雨混じりとなりました。
風雨に悩まされながら我慢の釣りになってしまい、結局、最後まで行き着かずに終了。
一日通して、全く反応無しでした。^^;


UPする22日20時には中角の水位も下がり0.87mと平水に戻っています。
恐らく濁りも殆ど取れてこの週末のコンディションは良さそうです。
23日/曇りのち晴れ/6~11℃
24日/曇り時々晴れ/2~16℃
では、週末遠征組の皆さん、頑張ってくださいませ!(^_-)-☆
スポンサーサイト

| Red spotted masu trout | 21:52 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

サツキマス・フィッシングⅡ

"サツキマス調査"にA-ttchaさんと行って来ました。

前回の調査では、河口から下流域で釣れている事は分かっていますが、上流域からダム下流は、それらしい情報もなく、未だの様です。と、いう訳で、今回も早朝から4時間余りに亘る、下流域での実釣は、支流も含め、なんの反応も無く、終了しました。

**イイ感じなんだけど・・・**
20120513ibigawa6

遡上の条件として、現在の渇水状態からサツキマスの遡上に適した増水が望まれます。本格的な遡上は、もう少し先で、一雨後の適度な増水があった直後になりそうです。

引き続き、ダム上流での本流調査。ランドロック系サツキマスと、本流アマゴをターゲットに移動です。
現地に来て、偶然にも料理長さんと十六菜さんに出合い皆で釣ってみましたが、A-ttchaさんが時期遅れの"シラメ"を釣った他は釣果がありませんでした。

**ギンピカのシラメ**
20120513ibigawa9

その後、私達はバックウォーターへ移動。夕マズメのライズに山を張り、バックウォーターで陣取る事になりました。
未だ明るい5時過ぎ頃からハッチは始まり、最初に夥しいユスリカに小型のカディスが交じり、6時頃になると小型のストーンがハッチし始めて、やがてヒラタが目立つ様になりました。6時半頃にはジャイアントストーンに大量のアカマダラのハッチが加わり、更にカディスはその数を増して、何年振りかの複合スーパーハッチとなりました。
ライズも小型のアマゴらしきが頻発する様になると、A-ttchaさんも私も我慢しきれずに戦闘モードへ突入!薄暗くなると共に尺越えのアマゴも数見られる様になって来ました。何とか捉えようとしますが、しかしそこは難しいポイントでバラシが頻発してしまいます。未熟な自分に苛立ちさえ覚えましたが、ティペットサイズを細くして何度かのフライ交換の後、選択したのがシルバーマーチブラウン#14、流芯からぶっつけの巻きに入るだろう寸前ぐらいにグンっと引き込まれる様な当たりがあり、その直後にローリング、「ヒット!」暗がりでよく分からない先からその魚体が見えた時は本当に嬉しく、私の中での本流アマゴは別格、小ぶりながらも渓流では見られない体高に十分、満足出来ました♪

**小ぶりでも本流アマゴ、その体高に惚れ惚れ**
20120513ibigawa11

こうして、辛うじて本流アマゴを捉えた事でボウズだけは回避出来ましたが、調査対象の上流域の遡上サツキマスと、ダム上流のランドロック・サツキマスには会えずで、今後の更なる調査が必要です(^^ゞ


ブログ村ランキングに参加しています。
良ければ"ポチッ"とクリックしてやってくださいね♪
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

| Red spotted masu trout | 10:22 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

サツキマス・フィッシングⅠ

GWには何の成果もなく、あっと言う間に過ぎてしまいました。
釣れないストレスを抱え、一日も早く抜け出したいと願う今日この頃です。

今朝は、甚五郎さんと地元の川へ、サツキマス釣りに行って来ました。
到着の5時半頃には既に7、8人のルアーマンと餌釣師が来ていました。

**朝陽に霞のカーテンが掛かりなんとも美しい朝焼けとなりました**
20120510ibigawa0

早々に準備して空いてる所へ入り開始です。
1時間ほどの間に2回ほど当たりがありましたが、フッキングならずで正体分からず。
ここを諦め上流のポイントへ来てみると夥しいヒゲナガの乱舞、おそらく昨夜羽化したものでしょう。
半分、本流アマゴも期待し、見るからに留まりそうな瀬下のプールへキャストしますが、フライを引っ手繰るものは皆無でした。

**甚五郎さんにも当たりが・・・**
20120510ibigawa1

今日現在までに、下流域からのサツキマス釣獲は聞かれますが、上流域ではこれからの様です。
暫くは調査釣りとなりそうで、鱒々ストレスが溜まりそうな気配です・・・(^^ゞ


ブログ村ランキングに参加しています。
良ければ"ポチッ"とクリックしてやってくださいね♪
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

| Red spotted masu trout | 21:17 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。