"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

チューブフライで夏鱒を!

今日は地域の「美化デー」でした。
小雨の中、子供も大人も一緒になってゴミ拾いや草取りをしましたが、濡れながらも頑張って町が綺麗になるのは嬉しいですね~♪

さて、帰宅後は毛鉤巻きを少し・・・。
夏鱒用のチューブフライで、太い(外径3.5mm)ALチューブと細い(外径2.0mm)PLチューブに簡素化したものを巻いてみました。この時期は増水して濁る事も多いので黒系チューブのフライを、平水に戻れば細身でアッサリ系の方が良さそうに思えます。

**太いALチューブ(外径3.5mm×長さ30mm)に巻いたフライ**
NEC_0020_1.jpg

**細いPLチューブ(外径2.0mm×長さ30mm)に巻いたフライ**
NEC_0029_1.jpg

さぁあ、明日は釣りに行き鱒か♪(^_-)-☆
スポンサーサイト

| Tying | 18:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

デカ虹が釣りたい!

この週末は友人と久し振りの本流釣り遠征です!
しかし、このところの雨により増水と濁りが出て、あまり良い状況とは言えない様です。
とは言え、虹鱒とのエキサイティングなファイトが楽しみたくて、とりあえずフライを巻いています。

**この手のフライから抜け出せない私・・・**
NEC_0038_2.jpg

ところが、サクラ用のフライと変わらないのに気付きそれがなんだか可笑しくって笑っちゃいました。
デカ虹に効きそうな赤っぽいのを巻いて見ましたがタイイング下手な私ですから自信はありません(笑)

**赤っぽいのが美味そうに見えないかい?**
NEC_0032_2.jpg


何方か、大物が釣れるフライを教えてくれないですかぁ?(^O^)/

| Tying | 19:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「実弾ドライフライ460」

タイイングや、ものづくりの大好きな釣友から届いた「実弾ドライフライ460」
年々、タイイングが辛くなっている中で去年、釣友の徹ちゃんがスキルアップの為にフックやマテリアルの支給と使用レポを条件に渓流用フライを巻いてくれる事になった。
そして今夜、今年の初渓流を前にして届けてくれたのが写真のドライフライ。

A Happy New Year.

image5.jpg

image3.jpg

「まだ全数揃っていないですよ。」と言ってはいたが既に460本!パターン別に各サイズが揃って圧巻である。そしてDIYのストック用フライボックスは芸が細かい。1本1本が独立したフォームにとめてあり、見易い上に取り出し易い。彼ならではの凝った作りとなっている。
『ありがとう徹ちゃん!』(^_-)-☆

image2.jpg

image1.jpg

これで今シーズンは勿論、何年かはフライに困らない状況となったようですww。

| Tying | 22:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

フライタイイングとFB

週末の嵐は、楽しみにしていた九頭竜川釣行を延期させてくれる羽目となりました。
それならと予定を変更、ゆっくりタイイングを楽しみながら、FB仲間達とも楽しく過ごそうというのですが・・・。

フライはこの所、参考にさせて頂いています"Fly Fishing Post"櫻井さん代表の動画サイトでご紹介されている"アングラーズ ベンチ"池田さんのタイイングからです。

**FFPホームページ**
フライフィッシングポスト/代表 櫻井 秀幸 氏
image_20130407201347.gif

地元、奥只見で考案されたワカサギを意識したストリーマー"シャローゴースト"と、魚野川で雪代岩魚を釣る為に考案された"グリーンオスプレイ"、どちらも池田さんのオリジナルフライです。
同じく池田さんのタイイングで、誰もが一度は巻いてみたいと思う、人気のフライをリクエストに応える形でタイイングされた"ジェネラルプラクティショナー"の3パターンです。

動画である事と、タイヤー池田さんの説明が、とても分かり易くて、事前にマテリアルさえ揃えておけば誰にでも巻けます。

アングラーズ ベンチHP
グリースド ライン グライド
アングラーズ ベンチ/代表 池田 修 氏

"Shallow Ghost"
前々回も紹介しました"シャローゴースト"は、奥只見のワカサギを意識して考案されたフライです。
shallow ghost1_001

"Green Osprey"
昨日、紹介しました"グリーンオスプレイ"は、魚野川の雪代岩魚を釣る為に考案されたフライです。
green osprey2_1

"General Practitioner"
そして今日は"ジェネラルプラクティショナー"で、誰もが巻いてみたいと思っている人気のフライです。
general practitioner4

これらのフライは他のトラウト達にも有効です。
カラーやサイズを変えてタイイングされ、フライBOXに入れておきましょう。

さてさて、決めなければいけない所はしっかりと決めて・・・ところがです!
FBを楽しみながらタイイングと言うのはとても中途半端になってしまい、いいね!やコメントなどの通知音が聞こえる度に気もそぞろ、ましてYou-Tubeのタイイング動画を見ながらでは、4mほどあるオリジナルのPC&タイイングデスクも右往左往して捗るはずも無く、結果的にはほぼ80%がFBオン、よく考えれば1日の内、色々な事をやりながらではあるが、朝の30分と夜の6時間余りが費やされている計算になる・・・やはり異常事態です!
既にFB依存症かも・・・それでもFB仲間達と共有できる時間が今、私の中では一番楽しいのでしょうね(笑)

| Tying | 20:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

クラシック サーモンフライと、その仲間達

クラシック サーモンフライな日・・・

**CLASSIC Salmon Fly**
20130324speysaid6.jpg
天候に恵まれた週末の今日、九頭竜川のサクラマスも気になる所だが、クラシック サーモンフライのタイヤーでもある関西の友人から"Spey Said"の中村氏を訪ねたいとのご相談を受け連絡、中村氏も快く承諾されて、今日の午後、その運びとなりました。

**中村氏と関西の友人I氏**
20130324speysaid3.jpg
"Spey Said"に集まったのは、クラシック ーモンフライが大好きな釣り仲間達です。
こんなメンバーですから当然、クラシック ーモンフライの話しで盛り上がりますが、聞きなれないマテリアルやタイヤーの名前が飛び交い、私のレベルでは、ついて行くのが大変です。
それだけに、関西からの友人には喜んで頂けた様で、私も一安心でした♪

**中村氏が昨日巻いたばかりのSalmon Fly "Bulldog"**
20130324speysaid9.jpg

**関西の友人I氏のSalmon Fly**
20130324speysaid7.jpg

**CLASSIC Salmon Flyのタイイング仲間S氏と中村氏**
20130324speysaid2.jpg
「次回は、夜更し、夜明しで、熱くタイイングし捲くりましょう!」との過激発言まで・・・^^;
なんとも、この宇宙人みたいな友人達には呆れっぱなしの私でした(笑)

**中村邸"CLASSIC Salmon Fly"ミニ ギャラリーにて**
甚五郎さん、JOCK45さん、I氏、中村氏
20130324speysaid8.jpg

| Tying | 21:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>