"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

石徹白川 人工産卵河川 整備作業

石徹白川 人工産卵河川 整備作業に参加しました。
9月24日(日)岐阜県郡上市石徹白(いとしろ)地内を流れる石徹白川で人工産卵河川の整備作業に参加してきました。

**漁協の新会長 佐々木さんご挨拶、県水産課 岸さんより人工産卵河川づくりの説明**
2017itoshiro1.jpg 
当日は天候にも恵まれ、地元は素より、東海、北陸、近畿、関東など遠方からも大勢の参加がありました。作業は誰言う事無く自発的に分担され、力仕事でありながら終始、和気藹々なムードで進められました。

**先ずは人工産卵床河川にいるイワナを捕獲して本流に避難させます**
2017itoshiro2.jpg 
**高圧放水で泥を流し、固かった川底を緩くし、卵床の基本を整えます**
2017itoshiro3.jpg 
**拳大、砂利などを敷いて、水深・流速などをチェック、人工の卵床に近付けます**
2017itoshiro4.jpg 
お昼までに全体の90%近くが終了した所で一区切り、石徹白漁協さんのご好意で用意して頂いたBBQランチを腹いっぱい頂きました。因みに前日から交流ミーティングも兼ねて進められ、盛り上がりは最高でした。

**漁協さんのご好意で用意されたBBQランチを頂き盛り上がりも最高潮!**
2017itoshiro5.jpg 
ちょっと長めのランチが終わり、残りの作業も順調に終える事が出来ました。
今年も沢山のイワナ達が、この人工産卵河川に遡上して来る事と思います。
そして、産卵行動など子孫を残すためのドラマが展開される事でしょう。
春になり、元気に泳ぐ稚魚達を見るのが楽しみです。

皆さん、お疲れ様でした。来年もまた宜しくお願い致します。

※主催及び参加、協力して頂いた方々
 石徹白漁業協同組合
 岐阜県庁農政部水産課
 イトシロC&Rネットワーク
 サクラマスレストレーション
 ジャパンフライフィシャーズ
 石徹白とイワナを愛する釣り人達
 郡上市石徹白地区ほか

スポンサーサイト

| itoshiro | 22:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

白山ユネスコ エコパーク拡張登録記念 市民シンポジウム

ジャパン フライ フシィッャーズ(JFF)さんのアニュアルミーティングで講演させて頂いた報告とお預かりした感謝状などを石徹白C&Rネットワーク代表の斉藤彰一さんへお渡しに、サクラ マス レストレーション代表の安田龍司さんと、JFFヘッドクォーター(HQ)桶谷さんと、私の3人で郡上市白鳥へ・・・残念ながら斉藤さんは体調不良のために事務局の大津さんにお願いしました。

白鳥では丁度、「白山ユネスコ エコパーク拡張登録記念 市民シンポジウム」が開催されており、石徹白漁協さんも参加されているため石徹白組合長さんともお会いでき、またその活動をC&Rネットワークの松山さんが展示パネルなどを作成され、展示スペースで見学者の方々にご説明をされていました。時間が無い中での作成とかでしたが中々、分かりやすい内容で良かったと思いました。
この地域と、石徹白C&Rネットワークにとって更に良い方向へ進む事を願っています。

また石徹白でご活躍されている近藤佳奈さんも講演をされるとの事でしたが残念ながら時間が来てしまい、ご挨拶も出来ないままに福井へ移動となりました。

**白山ユネスコ エコパーク拡張登録記念 市民シンポジウム**
20170218hakusansinpo.jpg 



| itoshiro | 14:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

命をつなぐ川づくりProject

皆さん、こんにちは!
前回、このBlogで紹介しました「石徹白フィッシャーズホリデー」に変わる新たなイベント「ITOSHIRO OUTDOOR FESTIVAL」に釣り仲間達と参加して来ました。

「ITOSHIRO OUTDOOR FESTIVAL」
itoshiro odf1

その中で、以前から手掛けていた「命をつなぐ川づくりProject」と共有する、このイベントプログラムの一つ、「川遊びもここまで来た!産卵しやすい川づくり」に両日お手伝い、提供者&案内人は「Itoshiro C&R Network」斉藤彰一氏のご子息、斉藤 淳君です。
当初、定員割れしていたこのワークショップも間際には予想以上の参加者があり大変喜ばしい事でした。

会場より全員で歩いて15分ほどの峠川C&R区間に流れ込む小川の一つに到着、ここで産卵用河川として機能するようにその意義と必要性を説明後、全員で産卵場全域の稚魚を救出、清掃後に産卵場作りの手順を見てもらい、数組に分かれて実際に卵床作りを体験して頂きました。

itoshiro odf2

このイベントでは釣り人以外の参加者も多く、潜在的に石徹白とその自然に興味を持っている方も少なくない事を知りました。
これからもこのイベントワークショップと「Itoshiro C&R Network」の「命をつなぐ川づくりProject」に参加、「在来渓魚を絶やさない」為の活動に微力ながらお手伝いして行きたいと思います。

最後に、JFF、BPFF、サクラマスレストレーションより参加、お手伝いしてくれた皆さん、爺の無理なお願いを聞いてくれてありがとうございました。m(_ _)m
次回は、新たに設立されました「Itoshiro C&R Network」の応援活動もどうぞ宜しくお願いします(^_-)-☆

| itoshiro | 22:21 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「いとしろアウトドアフェステバル」⑤川遊びもここまで来た!産卵しやすい川づくり

皆さん、こんにちは!
「石徹白フィッシャーズホリデー」の後継イベントとして、6月4日から5日(土日)に「いとしろアウトドアフェステバル」が開催されます。
石徹白の集落をまるごとフィールドとした、14のプログラムと、多様な飲食・物販等の出展をお楽しみください。
**いとしろアウトドアフェステバル**
釣り人の権利と栃木県の観光を守る

さて、その中で「石徹白フィッシャーズホリデー」で手がけて来た「産卵床整備」も、斉藤彰一さんから、ご子息の斉藤 淳さん(JUNくん)が引き継がれて、「川遊びもここまで来た!産卵しやすい川づくり」と題してワークショップの提供者、そして案内人を務められています。
**天然の魚が育つ生態系を、100年先までのこしたい**


しかしながら、大規模なアウトドアフェステバルの中の14あるプログラム中のワークショップという始めての取り組みにか、躊躇された方もあった様で、参加者も予定人数に達していないのが実情です。今まで、「フィッシャーズホリデー」に参加され、在来渓魚ワークショップの「産卵床整備」でお手伝いして頂いた釣り人の方々や、多くの賛同者の皆さんには、このイベントを成功させる為に奮闘している斉藤 淳さんを応援(参加)しに、6月4日~5日は石徹白へ是非、お出掛けください。
このワークショップは下記日程で行われます。
参加は無料ですが事前の参加申し込みを下記、斉藤さんまでお願いします。
Itoshiro C&R Network 斉藤 090-7439-0324
Web申し込みは新規登録をされてからお願いします。

第1回
実施日時
2016/06/04(土) 13:00 〜 15:00
予約開始 2016/04/01 10:00
予約終了 2016/05/31 18:00
定員 7 / 20 組
備考:無料

第2回
実施日時
2016/06/05(日) 13:00 〜 15:00
予約開始 2016/04/01 10:00
予約終了 2016/05/31 18:00
定員 3 / 20 組
備考:無料

※雨天決行
※川での作業ですので長靴・雨合羽・タオルは各自で用意してください。
※汚れても良い服装でお越しください。長袖・長ズボンがおすすめです。道具と軍手はこちらで用意します。
※メイン会場のカルヴィラいとしろに入場される方は駐車料金が必要となります。
 一台500円/2日間有効・出入り自由
※宿の手配は各自でお願いします。
※車中泊はメイン会場で土地利用料500円を支払い、車中泊証をお受け取りください。車中泊会場は旧いとしろシャーロットタウンスキー場跡駐車場です。

川遊びもここまで来た!産卵しやすい川づくり」
「いとしろアウトドアフェステバル」

以上、どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m
-山爺-

| itoshiro | 22:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |