"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ウェーディンググッズのリペア 完成

前回の続きとなりますシムス製ウェダーとウェーディングシューズのリペアーを行いました。
前回は・・・ウェーディンググッズのリペア

ウェーディングシューズは、フェルトソールとスパイクピンの交換。

**フェルトソールとスパイクピンの交換**
simms_repair20160629_2.jpg

ウェーダーは、ピンホールとシームテープの補修。

**ピンホールとシームテープの補修**
simms_repair20160629_1.jpg

共にG3 GUIDEとGUIDEで、ついでに予備のPaz GORE-TEX ウェーダーも補修しました。

これで、また暫くはいけそうですね~♪(^O^)/
スポンサーサイト

| Care&Repair | 18:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ウェーディンググッズのリペア

雨の休日はウェーディンググッズのリペア。
と、言う訳で、サクラマスシーズンが終わり、これまで履き込んだウェーディングシューズとウェーダーのリペアーをしています。
SIMMS 旧ガイドブーツは3回目、G3ガイドブーツは2回目のリペアーとなり、フェルト&スパイク交換。旧ガイドウェーダーは、ソックス部分の剥がれかけたシームテープを補修します。
先週末、ウェーディングシューズは2足ともピンを外し、フェルトも剥がしておきました。

**先週末は・・・**
20160619repair5_001.jpg



G3ガイドブーツのフェルト交換ですが、まだアウトソールもしっかりしており、磨り減ったスパイクピン(バイク用)とフェルト交換で当分は使用可能です。
アウトソールに残った接着剤は、電動ドリルを使用して軸付ホイールブラシで軽く除去した後、サンドペーパーで仕上げます。
交換用フェルトの型取りはやや大き目にしておきます。

**今日は・・・①**
20160619repair0_001 - コピー

専用接着剤で、アウトソールとフェルトの接着面に歯ブラシを使用して染込むようにのばし、塗布します。
べた付きがなくなったらもう一度、接着剤を塗布し、二度塗りをしておきます。(20~30分ぐらい)

**今日は・・・②**
20160619repair1_001 - コピー

フェルトは、圧着(体重を掛けたりハンマーで叩いたり)して荷造り紐などでしっかりと締め付け巻き込んでおきます。
乾燥の為に風通しの良い日陰に保管して1週間ほど掛けて乾燥させます。

**今日は・・・③**
20160619repair2_001 - コピー

G3ガイドブーツのこの続きは来週末に予定します。




ガイドブーツは、アウトソールの表面に接着してあるゴム板が剥がれ掛かっていたのでフェルト交換の前に接着剤(G17)で補修しておきます。その際、剥離した隙間の汚れを取り除いて接着剤の着きを良くしておきます。

**今日は・・・④**
20160619repair0_1.jpg

ガイドブーツのこの続きは来週末に予定します。



旧ガイドウェーダーは、ソックス部分の剥がれかけたシームテープの補修です。
よく乾燥させてから中に新聞紙などで詰物をしておきます。
剥がれかけたシームテープとソックス部分の汚れはよく取り除いておきます。
シームテープの接着力が残っている場合はアイロンで熱圧着する事により復元する事もありますが、今回は無理のようでしたので接着剤(アクアシール)を既存の剥離したテープとソックス部分に塗布してリペアします。

**今日は・・・⑤**
20160619repair3_001.jpg

アクアシールは乾燥するまでに時間が掛かる為、マスキングテープや養生テープなどで剥がれたりシワにならないように矯正しておきます。もっと他に柔らかくて接着力の強いものがあるかと思いますが、再利用できなければテープの交換という方法もあります。

**今日は・・・⑥**
20160619repair4_001.jpg

上手く行く事を願って、旧ガイドウェーダーのこの続きは来週末に予定します。



《使用材料》
*アウトソール接着剤 ボンドG17
*フェルト交換専用接着剤110ml(阪神素地) 1個(足)×2
*歯ブラシ接着剤塗布用 1個
*フェルト 1540 フェルト角切り300mm×480mm(双進) 1枚(足)×2
*仮止め養生テープ 1個
*荷造り紐 1個
*スタッドピン バイク用スパイクピンまたは
          ステンレス六角タッピング直径3.5(ソケット5.5mm)×13mm 16本(足)×2
*シームテープ接着剤 シームシーラー 1個

《道具》
ペンチ、カッター、ハサミ、マーキング鉛筆(白)など




釣行日数はシーズンによって片寄りますが、どちらかと言えばやや多い方だと思います。そのため長持ちさせるコツは複数のブーツやウェーダーを適宜、使い回す事でしょうか。
完成は乾燥時間も含めて今月末ぐらいを予定しています。それまでは予備のブーツとウェーダーで楽しみたいと思い鱒♪(^_-)-☆

| Care&Repair | 18:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。