"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

御嶽山 継子岳BCスキー

【山名】御嶽山 継子岳2,858m
【山域】岐阜県/長野県 御嶽山
【コース】チャオ御嶽スノーリゾート~ゴンドラ山頂駅ゲレンデトップ~樹林帯シール歩行~2,400m森林限界クランポン使用~継子岳北北西シュート2,600m地点ドロップポイント~滑走森林限界下部ルンゼ~樹林帯~ゴンドラ山頂駅ゲレンデトップ~チャオ御嶽スノーリゾート
【日付】2017年3月17日(金)
【メンバー】ガイドKAZU氏と自分
KAZU氏:開田高原でペンション経営 「プチビラMTおんたけ」・スキーインストラクター、スキーパトロール、長野県山岳遭対協ほか地元の活動にも寄与
【天候】晴れ 気温:-8℃~-2℃
【行動時間】4時間30分
【危険情報】冷え込んだ朝、森林限界より上は雪の状態を見極めアイスバーンに注意
【難易度】雪山と中・上級以上のスキー技術
【必要装備】バンディットB2-182cm・ディナLTL・ディナAero fe・G3シール・ディナクランポン・マムートアバランチセット・ヘルメットなど
【コメント】今回のガイドは友人でSNOWスペシャリストのKAZU氏。彼に対する山の事なら絶対的な信頼感がある。

**特設テラスで私とKAZU氏・標高2,600m付近を登るKAZU氏**
20130317ontakeBC1.jpg 

ゴンドラ山頂駅スキー場トップから樹林帯へ歩行開始。
久し振りのシール歩行はスキー靴の履き合わせがうまくなかったのと雪山のハードさもあり結構きつかったが樹林帯を抜け継子岳北北西シュートに出た辺りから山容は一変、これぞ冬山と思える緊張感があった。シールとクランポンのおかげで30度ぐらいまでなら結構楽に登れた。KAZU氏は新雪をラッセルしながら楽々と登って行くが徐々に遅れる事も度々あり歳を感じずにはいられなかった。
上部まで来るとぐるっと雪一色になり眺望も素晴らしく直ぐ前に乗鞍岳や北アルプスが見え、雲海の下には飛騨の峰々が望めた。
更に登り、ピーク下150m付近にあるルンゼの100m下方をドロップポイントとした。
本来、継岳頂上2,858mよりの滑走と言いたい所だが、私の足の事への配慮とこれより上部は雪が少ないのか露岩が目立つ為、安全にも配慮して継子岳北北西シュート2,600m地点をドロップポイントとしたのがその理由である。

**2,600mのドロップポイント・KAZU氏の適切なガイドで安心**
20130317ontakeBC2.jpg 

先行のKAZU氏がテラスを作ってくれてゆっくり休憩、雪の白さと真っ青な空、そして強烈な紫外線は高山特有に思え、ここから滑り降りるのはエクストリームの世界に近いものがあるとあらためて感じた。足の痛みが少し楽になった所で絶対に転ばない事を念頭に滑走開始、光栄なファーストトラックを譲って頂きました!

ワクワク感の中、ターン一つ一つをしっかりとこなしながらパウダーの中を降りて行くが時間経過と共に若干重めに変化していた。途中にいた非番のボーダーパトロール一年生君を越した所でストップ、振り返りシュプールに感動、アドレナリンが出まくる。直ぐにまたシュートの中を滑るとパウダーがハードシェルに被るのが気持ちが良い!足の疲れを感じた所でチェック&休憩、そしてKAZU氏を待つ。流石とも言える彼の滑りはスピードと安定感がマッチして格好良過ぎるほどである。
直ぐに追い付いて、そこからまたファーストトラック、もう最高でした。
森林限界線まで来た所でKAZU氏を待つ、その滑りを撮ろうとしたが残念ながら手間取って間に合わなかった。次にパト一年生君を待つ、初めてのBCだと聞いたが流石のすべりであった。ここから樹林帯の入口まではKAZU氏が先行して後を追う。樹林帯の中は空間が狭く滑り降りるには前方を十分に注意しながらスピードコントロールする必要があり一番疲れるエリアなのかもしれません。

樹林帯を出ると目の前にゴンドラ駅が現れる。そこからはチョッと物足らないぐらいのゲレンデ滑走となるが疲れている足にはその距離が辛く、途中で休んでしまった。

**御嶽山 継子岳・白樺林・継子岳北北西シュート森林限界上からの飛騨側眺望**
20130317ontakeBC3.jpg 

振り返ると継子岳がまた来いよと言っている様な気がした。次回はピークからのリベンジを約束して気持ち良くセンターハウスへ滑り込んだ。
今回、休みを取ってガイドをしてくれたKAZU君に感謝。
安全に配慮した感動的で素晴らしいBCスキーの世界をこれからも続けて行きたいですね。

**BCスキー動画**
非番の新人パト君が撮ってくれました♪(^_-)-☆

スポンサーサイト

| mt. | 20:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

地元のアウトドアスポット探し 冬編②

滑るだけではつまらない+αが嬉しい地元のアウトドアスポット!
今回は40代半ばまでスキーパトロール隊として勤務した事のあるスキー場へ、元、隊長N氏と滑って来ました。また、お隣のスキー場の元、スキー学校長T氏も来ていて合流、しばしシルバー講習会になっちゃいました(笑)
シルバー(60歳以上)になっても板に乗ればシャキッとしてノンストップな私達ですが、実はこの後の+αが一番の楽しみなんですね~♪

安・近・楽(あんきんたん)なスキー場!
やすい・ちかい・たのしいスキー場として親しまれています。
お子様からシルバーまで、初心者から中・上級者まで、オフピステ、コブ斜面、基礎スキーの練習バーンとしても使い方次第です。勿論、リフト待ち時間無しです。
トラスゲレンデ、ユートピアゲレンデをトップまで上がればその眺望は素晴らしく頂上駅付近でのんびり景色を楽しむのも良いかもしれませんね。

リフト料金は平日一日券で中学生以下は無料、シルバーは2,000円、一般大人でが2,200円とリーズナブルです。
※土日祝日一日券料金はこちらをご覧ください。

レストランのメニューも充実しています。
私は定番のジャンボ味噌カツ定食で満腹!
他におでんや、どて丼セットなども旨いです。サイドメニューも侮れません。

湯元 湯華の郷》(ゆもと ゆげのさと)
老人は早々に切り上げて、スキー場で頂いた入浴割引券の「湯元 湯華の郷」さんへ疲れを癒やしに寄って来ました。老人二人にとって温泉が一番楽しみな時間でもあります(笑)

岐阜池田 西美濃随一の名泉
絶景つるすべとろりの湯

濃尾平野を一望できる展望風呂からの絶景には驚かされました。こんな良い温泉が近くにあったなんて!もっと早く行けば良かった、一度入ったら忘れられない良質で濃厚な美人の湯だそうです。また精進料理は以前から有名でひょっとしたら夜景を眺めながら頂くお料理も最高に旨そうでまた行って見たいですね。

**今日もハッピーな一日でした!**
20170103ski kunimidake 
※元、スキーパトロール隊隊長によると、OBのお楽しみスキーを企画してくれるとか・・・とても楽しみにしています♪(^O^)/

| mt. | 20:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

スキー・クランポンのテスト&トレーニング

天候も昼近くになって回復傾向となり、クランポンのテストを兼ねて近くの山へトレーニングへ行って来ました。

前日にクランポンとスキー靴の隙間を埋めるスペーサーを作製してクランポンに取り付けたものと、スペーサーのスペアーもザックに入れて現地入り。
雪の車止めからクランポンの歩行テスト開始、慣れていない事もありぎこちないがTLT金具のヒールがフリーとなっている事で楽に歩けました。
20~30度ぐらいの登りになるとクライミングサポートを1段上げる事で対応、林道から外れて杣道に入ると急に登りはきつくなりますが雪で道幅が広がり足元に気を使う事はありませんでした。
間引きされた林の中に入り尾根に出ると更に登りがきつくなり、クライミングサポートをMAXに設定してみますがクランポンが効きません。クランポンとスキー靴の隙間はスペーサーのおかげで踏み込む度に雪に食い込んでいるのですが、雪が柔らかいのが原因でスリップして捉える事が出来ません。
クランポンも斜度と雪質によってクライミングサポートを上手く使い分ける必要がありそうです。

バージンスノーを期待して旧スキー場跡のトップにトラバースして回り込んでみましたが既に先を越されていました。残念ではありましたが閉鎖されてから12、3年経った今もグッドな斜面であった事に感謝でした。
ここで休憩、谷の向こう側は鍋倉山、そして谷沿いに上がると日坂越え、更に峠を跨いた一際大きな山が貝月山です。
熱いコーヒーとバナナケーキを頂いてからなんとなく寝転びたくなって青空を見上げていると若い頃、夢中になっていたスキーパトロールやインストラクターの活動が思い出され懐かしくもありました。

風で枝が擦り合う音で何気に貝月山方面を見ると雪雲に覆われはじめていました。もう、ゆっくりしてる時間はありません、間もなく吹雪いてくるでしょう。クランポンを外して見通しが利く内に滑りやすい斜面を見付けて降りましたが、湿った深雪にはコントロールするのも疲れます。
林道へ降りてそのまま車に滑り込む様に到着すると同時ぐらいに吹雪となりました。

**20年ぶりぐらいに来てみました**
20170122bc ski 

次回は時間とロケーションを広げてもっとテスト&トレーニングする必要がありそうです。
また、最新のクライミングスキーシールも手に入れて比較してみたいと思います。

| mt. | 20:52 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

BCスキーツアーの助っ人?

気に入りのBCスキーにディナフィット クランポン90mmを取付てみました。
板:ロシニョール バンディットB2 182
金具:ディナフィット TLT ST VERTICAL
靴:ディナフィット Freeride FR Aero TF
このクランポンはTLT金具にワンタッチで装着出来るのでツアーも楽々!
次回のトレーニングが楽しみです♪(^O^)/
**まだまだ現役のお気に入りスキーです**
dynafit crampons 900mm un 

| mt. | 16:58 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

足慣らし(初滑り)

雪中トレーニングに行って来ました。
今日は、オープンしたばかりの地元のスキー場で足慣らしです。去年は雪不足で思う様に滑れなかった事もあり、最初はゆっくりチェックを入れながら滑ります。
5、6本も滑るとなんとか調子も上がって来ましたが、吹雪の中は辛いものです。
休憩を入れながらのんびり慣らして来ました。

**オープン直後とはいえ空き空きでした♪**
20170116ski ibikogen1 

そうそう、若い頃にスキー学校やパトロール隊で仲間だった友達と久し振りの再会がありました。お互いに年を取ったなぁ~なんて大笑い。今度は久し振りに一緒に滑ろうや!と、約束して今日のトレーニング終了、久し振りにスキーを堪能して来ました。

**今シーズンは遠征もしてみようかな~**
20170116ski ibikogen2 

今日、使用したスキーは少々古くなっちゃいましたがお気に入りです。山スキーを意識したTLTビンディングが取り付けてあるので今度、クランポンを取り付けて楽しみたいですね~♪(^_-)-☆

| mt. | 20:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>