"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

BPFF総会&フライキャスティング大会

今日は所属する倶楽部BPFF(ビーバーポンド フライ フィッシャーズ)の2017年総会と第10回フライキャスティング大会に参加してきました。
午前中の総会は滞りなく終わり、午後からのフライキャスティング大会では皆さん健闘される中で、Iさんが優勝、Oさんが準優勝の栄冠を手にされました。おめでとうございます!
その後、本流でツーハンドのキャス練を行い解散となりましたが、皆さん3日後の解禁を楽しみにしておられました。
今年も各地の河川に出掛けてフライフィッシングを楽しみましょう♪(^O^)/

**2017年総会&第10回フライキャスティング大会**
20170129bpff sokai 
スポンサーサイト

| Beaver Pond Fly Fisher's | 21:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2016納竿会

2016釣り納め終了。
釣り仲間達と、楽しく締めくくれました。
これで良い年が迎えられ鱒~♪(^O^)/

**寒さなんか忘れて釣りに集中!**
20161229sank.jpg 

| Beaver Pond Fly Fisher's | 23:14 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「第32回アマゴ発眼卵放流」実施

今日は、所属するBPFF(ビーバーポンド フライ フィッシャーズ)の発眼卵放流に参加して来ました。
今年で32年目となる発眼卵放流は、発眼卵の積算温度の関係で延期となっていた事もあり参加者は当初よりかなり少ないものとなりました。
漁協の放流委員さん立会いにより、雨の中での作業ではありましたが手際良く進められ無事に終了しました。
「第32回アマゴ発眼卵放流」
放流日:11月27日 9:00~13:30
天候:曇りのち雨 
気温:11℃
水温:支流/7.5℃ 本流/9.5℃
放流量:アマゴの発眼卵30,000粒(支流/20,000粒 本流/10,000粒)
放流方法:WVBほかによる人工卵床へ埋設 (WVB=フィットロック バイバード ボックス)
特記:従来のWVBに加え今回は回収不要の自然に優しい孵化ボックス(フランス製)を一部使用。
   今後はこの孵化ボックスの経過を見て行きます。

**少数精鋭?(笑) 作業は手際よく進められました**
hatsuganranhoryu.jpg 
※参加されました皆さん、ありがとうございました。
次回、回収日は多くの方の参加をお待ちしておりますのでどうぞ宜しくお願いします。

| Beaver Pond Fly Fisher's | 18:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

BPFF第33回シラハエ釣り大会

秋晴れの下、今年で33回目のBPFFシラハエ(オイカワ)釣り大会が行われました。
ルールはいたってシンプル、フライフィッシングで決められた範囲内、時間内に数釣り勝負です。
一年に一回のシラハエ釣りですが釣った後にフライにして戴きます。
食べた事がない方は多いと思いますが、これがまた美味い!特にフライにして戴くのが最高です!
今大会はIさんが優勝、Kくんが二位となりました(^_^)v「おめでとうございます♪」

**本流で競い合います**
tsuritaikai1.jpg 
大会終了後は一年ぶりに会う仲間達と懇親会です。BBQもさる事ながら釣りたてのシラハエをフライにして熱々をポン酢かソースで戴きます。マジ美味いですよ~♪
最後に表彰とフライ用品のアミダで盛り上がりました。

**シラハエはフライにして戴きました!**
tsuritaikai2.jpg 
次回のBPFFイベントは、11月20日(日)発眼卵放流です。
ご興味のある方は是非、ご参加くださいませ(^_-)-☆

| Beaver Pond Fly Fisher's | 22:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

WVBの回収

2015 4/19 所属するFF倶楽部ビーバーポンドフライフィッシャーズ(BPFF)の新たな代表、赤塚氏の初の活動となったウィットロックバイバードボックス(WVB)の回収に参加して来ました。


昨年の11月16日に実施した「第30回発眼卵放流」に使用したWVBを増水し雨が降る中、二組に分かれて回収しました。
・支流にWVB40個 (500粒×40個=20,000粒/パー系)
・本流の20個は回収済み(500粒×20個=10,000粒)

放流の様子はこちらをご覧ください。
BPFF第30回発眼卵放流

《支流の孵化結果》
放流数 20,000粒
死卵 36粒
WVBから抜け出せず死んだ稚魚5匹(今年初めてでした)
孵化率 0.2%
以上は回収時の目視により、WVBに残留した死卵と死んだ稚魚をカウントして計算したものです。

**参加されました皆さん、お疲れ様でした!**
image1.jpg

毎年の事ではありますが、孵化した稚魚達が元気に泳ぐ姿が見たくて、見付けた時はとても嬉しくなります。
毎年、ボランティアの方も募集しておりますので是非、ご参加頂けると幸いです。
これからも続けて行きますのでどうぞ宜しくお願いします(^_-)-☆

| Beaver Pond Fly Fisher's | 23:13 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>