"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

安田龍司フライフィッシングスクールin犀川

生憎の雨は時間を追う毎に増して犀川殖産漁協管内は増水と濁りの為に諦める事となり、上流の犀川漁協管内でのスクールとなりました。

初日は光橋下で雨宿りを兼ねトリプルデンシティを使用して新たな釣法とナチュラルドリフト釣法のデモによる指導を受けました。雨脚が強くなったところで切り上げ「湯多里 山ノ神温泉」でマッタリ♨️

**雨にも負けず、皆さん真剣です**
20170701_02saigawascool_1.jpg 

宿泊施設の「信州犀川交流センター」では自炊。合宿ムードの中、腕を振るってくれたのは局長事、ヨッシー料理長と名人・・・🍻乾杯もそこそこにスナックエンドウをつまみに飲み始めると、誰?今日の雨男は。決まってるでしょ!ね、名人・・・(^_^;)
ワイワイガヤガヤと楽しく盛り上がりる中、鍋料理が出来あがりあらためて乾杯❗

夜は長い、醒めた頃にホワイトボードを使用して座学。トリプルデンシティのキャスティングメッソドとナチュラルドリフトとスイングの違いについて解説とQ&Aはいつもながら濃い内容でした。

**自炊は合宿ムードに**
20170701_02saigawascool_2.jpg 

二日目の朝はヨッシー料理長のチーズとハムにポテトサラダなどを挟んだホットサンドは美味かったね~♪
二川合流に移動して比較的濁りの少ない奈良井川で合流までを釣りましたが、皆さん学んだ事をしっかりとやっていました。そんな中で竿頭は勿論、名人ですが、受講された方の中で頑張ったのはヨッシー料理長でした。あの状況の中で見事50レインボーをC&R。その好調さは翌日のプライベート釣行、飛騨の川でもしっかりC&Rして今回のMVP決定です!

**学んだ事の復習も怠りません**
20170701_02saigawascool_3.jpg 

思いのほか悪天候となり、スケージュール的にも大幅に変更しての開催でしたが、参加者の皆さんのご理解とご協力により無事に終了できました。また講師の安田龍司名人にはハードコンディション中、何かとお世話になりありがとうございましたm(_ _)m

次回の安田龍司フライフィッシングスクールも是非、ご期待ください。
スポンサーサイト

| Rainbow trout | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

魚野川の仲間達と・・・フライスクール

安田龍司氏と待合せ、八海山へ登るのをちょっぴり楽しみに前乗りした魚沼でしたが前日の雨などで登山はキャンセルして次回へ持ち越しとなりました。
それでも魚野川はまずまずのコンディションの様で、ストックをフライロッドに替えて有名ポイント周りです。水温14℃と低めではありましたが最初の所でヒット!虹らしい抵抗で緊張させてくれましたがフックオフ、残念ながら取り込みには至りませんでした。
その後、上流に移動して深瀬から開きになる辺りでヒットなるものの9寸ほどの子虹で即、お帰り頂きました。
翌日も有名ポイント周りをしましたが、2、3度バイトがあったのみでした。午後はキャス練をした後、橋脚に的を絞って手前の掛け上がりでヒットするも首を振られてフックオフ。ここで集中力は途切れてこの日は終了。

**魚野川はお気に入りです**
20170622_26uono500pix.jpg 

3年振りに参加した「アングラーズ・ベンチ」さん主催の「魚野川フライスクール」と「やまに」さんでの前夜祭、「富永」さんでの二次会は前回以上に楽しいものとなりました。
フライスクールでは、講師の安田龍司氏が昨年発売されたフライライン「トリプルデンシティ」のメソッドを解説、実釣でのキャスティングやナチュラル&スイングの流し方と取込みなどデモを交えてご指導頂きました。
午後からはリバーサイドタイイング。2017バージョンのフライをデモタイイングして頂けましたが、この頃から天候が崩れ始めて恒例の?雨模様に・・・^^;

最終日はお気に入りのポイントを回りましたが反応なし。ランチで久し振りに食べた餃子ラーメンはやっぱり美味かったですね。15時過ぎまで楽しんで来週末の犀川に立ち寄り帰宅となりましたが機会があればまた尋ねたいです。
お世話になった皆さん、ありがとうございました。

| Rainbow trout | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

これから楽しめる本流釣り

渓流シーズンが終わり、チョッと寂しい時期をおくっていましたが、先々週末にFB友がUPした釣果に引かれ、翌週に私も行って来ました♪

**お仕事中にお邪魔してゴメンナサイ(^^ゞ**
20121025_27saigawa40.jpg

この時期に本流を利用した河川釣り場といえば、おもに冬季管理釣り場になりますが、C&Rを基本に年中、本流釣りが楽しめる河川もあります。その中で長野県の犀川殖産漁協が管理する区間がそれで、やはりC&Rを基本に成魚放流が行われています。

さて、好印象の中、意気揚々と乗り込んだ私ですが、いくら管理釣り場とは言え、相手は生き物、自然に左右されたり、釣人からのプレッシャーを受けたりと、好活性、好状況が何時までも続く筈もなく、高を括っていた事に後悔する羽目になりました。

**1日目の夕方近くになってようやく出て来てくれたBちゃん**
20121025_27saigawa12.jpg

20121025_27saigawa15.jpg


**3日目に小さいながらも元気に遊んでくれたR1号ちゃん**
20121025_27saigawa43.jpg

**そして・・・R2号ちゃん、おチビちゃんでもなぜか嬉しい(笑)**
20121025_27saigawa62.jpg

しかし、そんな厳しい状況の中で経験し、教えられた事は次のステップになりますし、また、友との再会や新たな友が出来たりする事は釣果以上のありがたい事だと思っています。

**ランチタイムは開放され自然と笑顔に・・・(^_-)-☆**
20121025_27saigawa33.jpg

**いつもお世話になりありがとうございます!**
20121025_27saigawa32.jpg

今回、ご一緒して頂きましたYuji Wabeさん、FF誌編集長 八木さん、Yaoyasu Atsushi(八百安)さん、板。さん、ありがとうございました!


ブログ村ランキングに参加しています。
良ければ"ポチッ"とクリックしてやってくださいね♪
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

| Rainbow trout | 21:33 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

釣り馬鹿

♪ラップ調で・・・(笑)
疲労困憊の仕事帰り、自宅までなら10分弱、釣り場までだと1時間強、明日の雨を考えると迷う時間などありはしない、体に鞭打って川へまっしぐら!
週末の大渋滞に焦る気持ちを抑えて平静を装う懲りない釣り馬鹿、無情の雨か、楽園のシャワーか、後一時間待ってくれと願いながら流れに立ち込む釣り馬鹿ひとり・・・


PM6:20 てな訳で、夕マズメの僅かな時間に釣り開始となりました。
4m越えだった増水も落ち着いて濁りも釣りに影響ないほど回復、魚も川もリセットされた様です。

**釣れそうな気がして・・・**
20120630_0


基本的キャスティングとライン操作は・・・
時と流れの状況によりますが、私のフローティングラインを使用した基本的キャスティングとライン操作は、流芯の向こうにキャスト、そのまま45度位までナチュラルドリフトさせた後、ラインを持ち上げメンディング、①ロッドを止め、ラインテンションを感じたところから流れより若干遅めにロッドを倒してフライを送り込み、②更に流芯を渡り、③自分の真下に来るまで十分に待ってからリトリーブします。真下に来た様に思えてもフライはそこまで来ていない事があります。④流れに逆らったリトリーブはゆっくりとフライを魚にアピールできる速度でします。
特別な事をしている訳ではありませんが大体こんな感じで①~④のアクション中に当たりが出ます。
説明不足ですが、他にもっと適切な方法があるのかも・・・あるでしょう(^^ゞ


と、言う訳で1尾目がヒットしました!ところがリールファイト中に目の前でフックオフ・・・40クラス残念。
気分を切り替えて数投目、デカイ!35m下流でジャンプ!大丈夫です。そしてリールファイト、取り込み寸前で、
ラインブレーク・・・50クラス残念。
またまたヒット!今度はかなりデカイです!ラインが引き出されて行きます!ドラックを締めてロッドを横へ倒して対応!あと少し、マジ今期一番!の奴がようやく見えました・・・ウソ?!60?・・下がりながらランディング体制をとろうとした時、潜られ、一機に下流へ走られそのままラインブレーク・・・しかもAFSヘッドとヴァーサリーダー毎、持って行かれてしまいました・・・涙。

時間は既にPM7:00を回っていましたが釣り馬鹿は可能な限り諦めません。
何せ、どんどんサイズUPして来ていますので、車へ予備のラインを取りに行き再開です。
足元も分からなくなる寸前まで頑張り、更に4尾のヒットがありましたが、取り込めたのは32cmが1尾のみでした(^^ゞ

**小さくてもコンディションの良い虹っ子でした♪**
20120630_1

1時間半余り夕マズメに1時間以上掛けて来た釣りの代償は大きかったですが、それを余り意識させないほどのエキサイティングなゲームに満足出来ました。
明日は終日、雨とか・・・出来れば明日も釣りをしたいと思っている釣り馬鹿です(^^ゞ


ブログ村ランキングに参加しています。
良ければ"ポチッ"とクリックしてやってくださいね♪
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

| Rainbow trout | 00:38 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アガキの1尾

今年の夏も忙しくなりそうで、そんな状況を前にしてア・ガ・イ・テみます。(^^ゞ
渇水によるシビアな状況は相変わらずで、活性の上がる時間まで居そうな所を探しをしてみました。

**この先の流れの中に・・・**
201206160

例えば、圧しが強い瀬に水深のあるプールが連続して、その中には大きな底石や護岸ブロックなど身を休める所がある事、尚且つ湧水があれば最上のポイントに上げられますが、見て回っただけではそこまで分からない部分も多く、また釣りともなると天候や時間帯などに左右されてしまいます。
結局、活性の上がる時間には新しい所に入る事は少なく、信頼度の高い慣れた所に入りがちとなってしまいます。(笑)

マズメ前に入った所では、数度の当たりとバラシの後、流芯の向こうから元気のイイ鱒君が出て来てくれ一安心。

**アガキの1尾**
201206161

夕方、仕事帰りのA-ttchaさんと合流してマズメポイントへ移動。
先行してもらって、私は後ろの巻き返しで開始、時間とともに暗くなって来ましたが水生昆虫のハッチは見られません。
ライズも1度見ただけで若干不安な中、A-ttchaさんに当たりが出ました。
更にバラシもあり、不安は解消された頃、私に不意打ちが・・・。

巻き込みを跨いだ向こう側の流れに乗せた後、巻き込みに入ったフライをリトリーブ仕掛かった時でした。
ラインが急に下流に向かって動き出し、手応えを感じた私は思わず合わせた瞬間、水面を割って出たのはなんと、60以上もあろう虹鱒でした!慌てて合わせ直しましたが時既に遅し、そのままサヨナラでした。
時間にして僅か十数秒の事でしたが、何がなんだか分からない内に終ってしまったとは言え、滅多にないチャンスをモノに出来なかったのは、本当に残念でした。たまたまそれを見ていたA-ttchaさんからも驚きの声が・・・(^^ゞ
フックをチェックしてみるとてドロッパーを咥えた様で、マラード&ゴールド#12は見事に伸ばされていました。><

遠く、町の灯りが目立つ様になった頃、下流のA-ttchaさんは当たりとバラシを繰り返していましたが当たりが少なくなった頃の終了間際にヒット!遂にランディング成功です。子鱒ではありましたが本流でのエキサイティングなマズメを楽しめた彼は幸せそうでした♪

**仕事帰りのA-ttchaさんも楽しめました♪**
201206162

上流に来ていたJOEさんも合流して、このところ定例化している"ラーメンで作戦会議"、明日以降も気象予報と水位情報に注目して、安全で楽しい釣りをしたいですね。


ブログ村ランキングに参加しています。
良ければ"ポチッ"とクリックしてやってくださいね♪
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

| Rainbow trout | 14:50 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>