"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2017荒川サーモンフィッシング

今年も村上市の荒川サーモンフィッシングに行って来ました。
今回のメンバーは去年からのH氏と今回が荒川デビューとなるY氏の三人で三日間を楽しみました。

初日
早朝に到着した荒川はまずまずの天候、期待を膨らませながら受付を済ませポイントへ。しかし、肝心のサケは遡上が少ないのかあたりも少なく厳しさを感じる事となりました。それでも釣れているポイントもあり、そちらへの移動となりましたが競争率は高く思うようなポイントには入れません。仕方がなく離れた場所での我慢の釣りとなりましたが、暫くして同行のH氏が遡上間もないフレッシュな♀をヒットさせ刺激をもらいます。私は下流に移動してからようやく♂をヒット、ホッとしましたがその後が続きません。同行のY氏も♂をヒットさせていたようで全員、坊主は免れましたw

**全員、坊主は免れましたw**
2017arakawa1.jpg 

二日目
11月11日は鮭の日でしたが、皆さんはご存知でしたか?
さて、昨夜からの雨は荒川を一変させました。
不安を抱えながら一度、入川しましたが調査中止となり気持ちを切り替え観光へ。

先ずは関川村にある「桂の関温泉 ゆ~む」で温まり、ランチは「山里」で和食を頂きました。その後は、一度訪ねたかった村上市にある鮭の博物館「イヨボヤ会館」を見学しましたが、さすが日本で最初の鮭の博物館でその規模と内容に驚きました。
「イヨボヤ」とは村上の方言で鮭の事を言いますが、ここでは村上の鮭の歴史や文化を学び、鮭の生態や一生を知る事が出来ます。丁度、別室の孵化槽には採卵した受精卵が孵化盆に入れてあり、積算温度が孵化する水温に達した頃に孵化を見る事が出来ます。また、遡上した期間には市内を流れる三面川の分流「種川(たねかわ)」に設置された10箇所の窓から鮭の様子などを観察する事が出来、運が良いと産卵シーンも見られるという事です。今がその時期に当たり私達も観察窓に釘付けでしたw

**鮭の博物館「イヨボヤ会館」**
2017arakawa2.jpg 

**鮭の歴史や文化を学び、鮭の生態や一生を知る事が出来ます**
2017arakawa3.jpg

夜は行き付けの「割烹食堂いそべ」へ。ここの一押しは「ズドーン」マグロの頭の様々な部位を乗せた丼で「頭丼」から来ています。村上へ来たら必ず食べたいメニューの一つですが、今回はご主人お勧めの「マグロのカマ焼」分かっているとは言え、そのボリュームというかデカさに驚かされました。これも最高に美味くてチョイスした「清酒 〆張鶴」もどんどんすすみました。ほかにソフトエビやハタハタのフライも美味しくて、おなかはイッパイに!
また、毎年、楽しみにしている荒川鮭釣りオリジナルステッカー『ECHIGO ARAKAWA SALMON FISHING 2017』(限定100枚)も頂けてとてもHappyで満足な夜となりました。

**Happyで満足な夜となりました**
2017arakawa.jpg 

最終日
天気予報では曇りで寒くなるとの事でしたが回復は遅く、ほぼ終日ぐずついた天気となりました。増水は少しずつ減水していましたが、中州へ渡れるのは8番のみでポイントへの競争率は言うまでもありません。控え目な私達はそれなりの場所で頑張りますが、冷え込んだのと濁りが原因なのかサケからの応えは簡単にはありません。時折冷たい横殴りの雨に体を縮込めながらやり過ごしてキャスティングを繰り返し、ようやくヒットかと思いきや直ぐにバレてがっかりでした。時間が経ち、トイレ休憩を取ろうとした時に何かの生態反応が・・・あれ?さかな?それは小さいながらも果敢に食って来たヤマメでした。なぜかこのチビッ子のヤル気が嬉しくてパチリ!w
その後も頑張りましたが、二回ほどの当たりがあったのみで今年の調査参加は終了となりました。

**厳しかったけどホットで楽しい荒川でした**
2017arakawa5.jpg 

【今回お世話になった所】
滞在中にお世話になりました皆さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

| Chum salmon | 22:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

『祝 10周年 荒川サーモンフィッシング』

今年は荒川サケ有効利用調査が始まって10周年となる記念すべき年です。そんな縁起が良い年に荒川サーモンフィッシングデビューの釣友お二人をご案内して荒川入りとなりました。

しかし、今年の遡上は卵床の数や規模から目に見えて少ないのがうかがえ、それだけに好ポイント探しは今までそれほど気を使わなかった卵床を見付ける事にも気を留めていました。それだけに4年魚の記録的大不漁ニュースは現実となり天候も含めて翻弄された二日半となりました。
噂どおりの厳しい状況に迷いのサーモンフィッシングとなってしまい参加して以来始めての散々たるものでした。
ただ、お一人がフレッシュなメスを初ゲットされたのと、もう一方はあと一歩まで来て痛恨のフックオフでしたが来年に良い材料となったのがせめてもの救いでした。

**荒川サケ有効利用調査、10周年おめでとうございます**
image.jpg 
毎年お世話になる宿泊先の『いづみや旅館』眞さんからは同じくメモリアルグッズのキーホルダーを頂いたり、毎回食べに行く「ずど~ん」で有名な『割烹食堂いそべ』磯ちゃんからは荒川サーモンフィッシング10周年のメモリアルグッズステッカーを頂いたりと嬉しい事もありました。
皆さん、ありがとうございました!

**「ずど~ん」と頂いたプレミアムグッズ、旨かった「 〆張鶴」、湯元「龍泉」も良かった**
image1.jpg 
こんな年は越後観光もあり。初めての瀬波温泉でゆっくり疲れを癒やしたり、最終日は早々に切り上げて海沿いのR113を新潟市へと・・・昼食を2時間あまり遅らせてのランチは「ピアBandai」に立ち寄り海鮮弁当で顔満悦♪ 市場でズワイガニと筋子、明太子をお土産にして早めの帰宅となりました。

**来年も安くて新鮮な新潟の食の発信基地「ピアBandai」に立ち寄りますかね~♪**
image2.jpg 

村上市でお土産にした「越淡麗 〆張鶴 純米吟醸」をやりながらズワイガニも旨いだろうね~(^_-)-☆

| Chum salmon | 00:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

荒川サーモンフィッシング

2014 11/24~26 荒川サケ有効利用調査に参加してきました。


釣り仲間のA氏と2泊3日の荒川サーモンフィッシングも降雪こそなかったが雨と風に見舞われた釣りとなってしまったが、荒川のポテンシャルは高く、サーモンフィッシングの醍醐味を十分堪能する事ができました。

厳しい天候の中で一日釣りをすると精魂尽き果てると言っても過言ではないと思うが、その中でホッとできたのが、定宿としている「いづみや旅館」さんと、指定食堂の「割烹食堂いそべ」さんのおもてなしです。
両方のお店のご主人は勿論、いずみや旅館の女将さんも生粋の釣師、荒川と地域、サケとサクラマス、釣り人たちの応援団です!
「ありがとうございました!2015年も宜しくお願いします」m(_ _)m


**今回も堪能できました!**
20141124_26arakawa_image.jpg

荒川サケ有効利用調査委員会
割烹食堂いそべ
いづみや旅館

Aさん、次期も荒川サーモンを楽しんで来ましょう♪(^O^)/

| Chum salmon | 23:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

手取川サーモンフィッシング

2014 11/9~10 手取川サケ有効利用調査に参加してきました。


2日間だけの釣行でしたが両日とも予定の場所には入れず、フライエリア最上流でルアーエリアの直ぐ下となってしまいました。フライエリアの狭さと釣り人の多さには幻滅ですが、相変わらず良く釣れる手取川でした。

**メスが良く釣れました**
20141109_10tedori_image.jpg


【My favorite fishing friend】
因みに、手取川大物賞(尾叉長の部)はサクラマスレストレーションでご一緒して頂く、Azuma氏が優勝。
準優勝は、所属するFF倶楽部のTokoro氏で、両氏ともフライでエントリーでした。
「Azumaさん、Tokoroさん、おめでとうございました!」
順 位 尾 叉 長   採 捕 者 日 付 方法
1位   83.3 cm Azuma氏 大阪府 11月16日 フライ
2位  82.3 cm Tokoro氏 岐阜県 11月 9日 フライ
平成26年度手取川サーモンフィッシング釣獲結果

Azumaさんは更に・・・
『昨年手取川で釣ったシロサケが日本記録認定となり
JGFAより日本記録認定書が届きました(^○^)
自分にとって 釣りの励みになりますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
今年も沢山釣れますように(^○^)』
azuma_congratulations.jpg
「Congratulations!」
ちょっと自慢の友達、フライでの釣果だけに素晴らしいです!(^_^)v

| Chum salmon | 22:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

荒川サーモンフィッシングⅡ

今年、2回目の荒川サーモンフィッシングは、前回に続き予報が外れる絶好の釣り日和となり、同行のAsano-kunもサーモンフィッシングを思いっ切り堪能していました。

**料理や温泉でマッタリ♪**
20131202_03arakawa38.gif
また地元の方との交流や、地元ならではの料理、掛け流しの温泉などでマッタリでき、更に以前からお会いしたかったBlog友とも出会えるなどして更に嬉しい荒川サーモンフィッシングとなりました。
Camel Blogさん

**友達たちも見事にキャッチ!**
20131202_03arakawa.gif
肝心のサケはと言うと・・・アクシデントもありましたが、Asano-kunも私もなんとか2尾づつ釣る事が出来ました。しかし、前回よりもフレッシュなものは少なくなっている様な感じを受けました。
ただ、体長90cm、体重8kgに迫るサケも多数遡上していますので今後が楽しみでもあります。

**虹が見送ってくれました!**
20131202_03arakawa37.gif
10月10日から宿泊パックで始まり、11月10日からは通常になったサケ釣りも、終了の12月20日までにまだまだ色々なドラマが展開される事でしょう、荒川サーモンに挑む一人として、釣人達にエールを送りたいと思います。

今年もお世話になった地元の皆さん、釣り仲間達、ありがとうございました!来年シーズンも荒川でお会いしましょう。


**今年お世話になった地元のお店など**
荒川サーモンフィッシング:荒川サケ有効利用調査委員会
宿:いずみや旅館
温泉:湯本雲母本館
食事:割烹・食堂いそべ

| Chum salmon | 17:21 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>