"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

<< 2012-11- | ARCHIVE-SELECT | 2013-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今年も、ありがとうございました!

Blog"山爺とSpey"をご覧頂きました皆さん、この一年間ありがとうございました。
おかげ様で楽しい時間を過ごせ、あっと言う間の一年間となりました。
来年も変わらずお付き合いの程、宜しくお願い致しますm(__)m

yamajii
スポンサーサイト

| Others | 15:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

荒川サーモンフィッシングと越後の優しさ

"荒川サケ有効利用調査"に初の参加をして来ました。
荒川サケ有効利用調査委員会(事務局 荒川漁協内)


1日目】天候:雪/曇り 気温:4℃
前日までの大雪の影響が残る中、友人の甚五郎さんと9時間半をかけ無事、目的地の新潟県村上市へ到着。
受付ではSNSで友達になりましたKさんとお連れのOさんのお二人と合流、お二人とは春にサクラマスレストレーションの懇親会で同席しているのですが、気付かずに居た為にあらためてのご挨拶となりました。

今までSNSで知り合った友達等から事前に聞いていた荒川情報に合わせ、Kさんから直接教えて頂いたポイントへ甚五郎さんと移動しましたが、そこは既に先行者でいっぱいで人気ポイントの競争率の高さを思い知らされました。
そこを諦め、一つ上の中州ポイントへ移動すると、幸いにも先行者はありませんでした。
私は中央辺りから入り探って行来ますが、フライのロストが多く、当たりは最初に一度あったのみでした。上流の甚五郎さんも果々しくないようで、Kさんに連絡して下流のポイントへ移動しました。

**イイ流れなんですが・・・**
20121211_12arakawa0.jpg
ルアーマンがお二人居られましたがそこより上流、の瀬に入ると当たりが数回あり、次の瀬の手前でようやくヒット!が、ジャンプされフックオフ・・・早く欲しかった一尾目を逃がしてしまいました。

**詳細な案内が嬉しい・・・**
20121211_12arakawa2.jpg
お昼になってKさん達と管理棟 受付で合流。ランチタイムに情報交換して午後からはKさんに他のポイントを案内して頂いた後、その中の一つに4人揃って入川しました。そこは比較的長いランでサケの確認も出来、期待が高まりました。
私は一番上流に入った先ず、甚五郎さんにヒットしましたが惜しくもバレてしまいました。
バラシが続いていた私にもようやくヒット、暴れる内に外されたフックがスレ掛かりになり河原にズリ上げた所でフックオフでお戻りになられました(笑)

**左から・・・Kさん、Oさん、甚五郎さん**
20121211_12arakawa7.jpg
結局、この日はこれで終了。管理棟 受付で報告、全体としては結構な釣果があったそうです。
1日目は、川の状況とポイントを把握する事がメインとなり、釣果は明日に期待する事となりました。
ここでKさん、Oさんとお別れです。初日目が降雪で中止になったにも拘らず貴重な二日目を私達の為にご案内して頂き、本当にありがとうございました。次は九頭竜川でお会いしましょう!

上手くヒットさせられなかった反省をしつつ、今日の宿"いずみや"さんに到着。"いずみや"さんはBlogを通じて荒川情報を発信しておられ、初めての荒川サーモンフィッシングにも大変ありがたいものでした!また、非常にリーズナブルでありながら心のこもったご対応が嬉しい、釣人ご用達の宿です。
入浴を済ませた後の食事で、珍しく熱燗を頂いたら寝不足と疲れからか二人とも眠気に襲われそのまま寝入ってしまいました。
夜、お邪魔する予定だったSNS友の"割烹食堂いそべ"さん、ごめんなさいm(__)m


2日目】天候:雪/曇り 気温:3℃
睡眠時間およそ8時間・・・受付へ行く時間に遅刻です。
途中、受付を済ませた釣人らしき車に次々と出会い、朝一予定のポイントはもう諦めるしかありませんでした(笑)
それでも次の候補ポイントに入る事が出来ましたが、頭の流れ込みを以外では反応が無く、釣り下ると瀬の手前でようやくヒット、この1尾目を慎重に取り込んでハンドランディング、メスのサケでした。

**ようやく1尾目キャッチ!**
20121211_12arakawa10.jpg
その後にも2尾目がヒット、またまたメスのサケでした。

**2尾目をキャッチ!**
20121211_12arakawa9.jpg
昨日、数人が分流で釣りをしていたのを下流から見て気になっていた所へ行って見ると、そこはサケの産卵床になっていて産卵シーンを直接見る貴重な経験が出来ました。

**産卵床・・・**
20121211_12arakawa6.jpg

ここで監視員さんに連絡して2尾を回収して頂いた所で上流にいた甚五郎さんと合流、下流のポイントに移動しましたが先行者が多くて入れずにチョッと早めのランチに管理棟へ移動しました。
事務局の方の話によると今日も沢山釣れている様ですが、やはり場所斑があるようで、その差は大きいようです。
特に産卵床がある付近や、産卵床の下流にある本流との合流や、本流の瀬下が良さそうです。

この事から、ランチ後は先ず、産卵床がある付近に入ってみました。確かにサケは沢山いましたが、産卵行動に入ったサケは食い気は無く、釣ると言うには当てはまらないつまらないもので、釣るのは止めました。

**4WDが絶対条件の足はこれ!パジェロJr**
20121211_12arakawa1.jpg
その後、朝一入った場所へ移動してみると他に釣人は居らず、上流側に私、下流側に甚五郎さんが並び、瀬から徐々に釣り下り、先ず甚五郎さんにヒット、メスのサケでした。

続いて私にもヒット!河原にズリ上げた所でフックオフ・・・釣りの神様に見放されたのでしょうか?
が、しかし!遂に来ました強烈な当たりと直後の首振り、ジーッとラインを引き出しリールファイトに持ち込みます、これぞ本流でのサーモンフィッシングの醍醐味です!ロッドワークとリールファイトで慎重且つ強引にやり取りして頭を出したサケはオスでフライをしっかり咥えている事が確認出来ました。

**待望のオスのサケは82cm、格好イイです!**
20121211_12arakawa12.jpg
河原にズリ上げてキャッチ!ブナ色と若干ピンクがかった82cmの見事なオスザケは、満足させてくれる荒川サケでした!

**この時期にしては比較的フレッシュでした♪**
20121211_12arakawa13.jpg
その後は甚五郎さんにも大型がヒットしましたが取り込み寸前でフックオフとなってしまいました。

**甚五郎さんに大物!・・・**
20121211_12arakawa11.jpg
時折、風雪が強まり、気温が下がり始めた所で、2時間ほどを残して早めの納竿、今回が初チャレンジの"荒川サーモンフィッシング"を終了しました。
管理棟 受付に戻り報告。お土産を頂き、越後関川の温泉に予約して向かいました。

"雲母温泉"と書いて"キラオンセン"と読みます。その"雲母本館"はこじんまりした温泉でしたが、たまたま貸切状態、それにお湯がイイ~♪ 二人ともゆっくり浸かりマッタリしちゃいました。

**雲母温泉(キラオンセン)**
20121211_12arakawa14.jpg
夕食は、村上市坂町に戻り、昨夜行けなかった"割烹食堂いそべ"さんへ行って来ました。ここの若大将、磯部さんとはSNSでお友達になって頂いて、リアルタイムな荒川情報を頂いています。とても気さくで家族ぐるみの歓迎に嬉しくなっちゃいました!お客さんも料理は勿論、酒好きから釣り繋がりの釣人まで全国から来られるようですよ。

**割烹食堂いそべ**
20121211_12arakawa15.jpg
越後村上でこの時期になると"鮭のまち村上"らしい"鮭塩引き街道"と呼ばれる地区があり、庄内地区が主な開催場所となり(12/1~25まで)街のあちこちの軒下に塩引き鮭が沢山吊り下げられているのが目に付きます。尚、新巻鮭と、この塩引き鮭はまったく別モンだそうです。

この塩引きされた鮭を塩抜きして厚みの切り身を焼いた"塩引き鮭定食"を頂きましたが、程好い塩味が効いて食欲をそそられ大変美味しかったです♪それから、甚五郎さんからも例のモノのお礼を伝えて欲しいとの事でした「磯部さん、ありがとうございました!」そして、2012版"SALMONステッカー"ありがとうございました~♪

また、今回このお店をご紹介してくれました「Kさん、ありがとうございました!」

**塩引き鮭定食とSALMONステッカー2012**
20121211_12arakawa17.jpg
19時に村上市を出発、一般道も高速道路も問題なく多少の睡魔には休憩しながら翌朝5時前頃には帰宅となりました。
初めての"荒川サーモンフィッシング"で現地の事がまったく分からず困っていましたが、SNSで知り合った多くのお友達に情報を頂きながらチャレンジ!北陸の手取川とは違った荒川の良さを堪能する事が出来ました!情報やアドバイスをくれました皆さん、ありがとうございましたm(__)m
荒川漁協の皆さん、坂町の"いずみや"さん、割烹食堂いそべ"さん、来シーズンもまたチャレンジしたいと思いますので宜しくお願い致します。

-今回、お世話になったところ-
○"荒川サケ有効利用調査委員会"
○"いずみやブログ"
○"割烹食堂いそべ" (他にもカテゴリーが異なるBlogがあります)
○"雲母温泉"
-感謝-

| Chum salmon | 22:22 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

第28回発眼卵放流

大変、遅いUPとなってしまいましたが、今年で28回目となる"発眼卵放流"を実施しました。

発眼卵放流についての参考資料はこちらをご覧くださいませ。
公式ページB.P.F.F(ビーバーポンドフライフィッシャーズ)の"発眼卵放流"

 実施日:2012年11月18日(日)
 天 候:雨/曇り
 水 温:9℃
 実施場所:揖斐川中部漁協管内の本、支流
 放流方法:卵床形成とウィットロック・バイバードボックス(W.V.B)を使用しての埋設による
 魚 種:アマゴ
 発眼卵放流数:20,000粒
 使用w.v.b:40個
 1個当たりの発眼卵:約500粒
 その他:w.v.bの流失防止ロープと目印テープ取り付け
 w.v.bの回収予定:2013年3月以降の雪解け後に予定(回収ボランティア募集)

image4.jpg


"**発眼卵とボックスをイソジンを希釈して消毒します**
20121118hatsuganranhouryu1.jpg

**ウィットロック・バイバードボックス(W.V.B)を使用**
20121118hatsuganranhouryu8.jpg
今回、20,000粒を放流しますので1個当たりのボックスに約500粒の発眼卵を挿入し、全部で40個のボックスとなります。

**小学生のRyu君もお手伝いです!**
20121118hatsuganranhouryu5.jpg

**W.V.Bを卵床に埋設します。**
20121118hatsuganranhouryu9.jpg

**皆さん、お疲れ様でした!**
20121118hatsuganranhouryu11.jpg
小雨の降る中、少数での実施でしたが、予定通りに終了する事が出来ました。
ご参加頂きました皆さん、そして漁協さんありがとうございました。

| Beaver Pond Fly Fisher's | 19:44 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。