"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

<< 2017-07- | ARCHIVE-SELECT | 2017-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

白山・天空のお花畑と池めぐり(泰澄大師 白山開山 1300年記念)

泰澄大師 白山開山 1300年記念の年にあたり、4月の勝山市 白山平泉寺で口火を切り、6月初旬の経ヶ岳(1,625m)に続き、6月中旬の三ノ峰(2.128m)、別山(2,399m)の後、今回は白山 御前峰(2,702m)と大汝峰(2,694m)を尋ね、天空のお花畑と池めぐりを楽しんで来ました。

**御前峰(2,707m)・白山神社・下方に見えるは室堂ビジターセンター**
20170821hakusan1.jpg 

**高山植物とお花①**
hakusan_hana1.jpg 

**高山植物とお花②** 
hakusan_hana2.jpg 

Link 白山 日本百名山、新日本百名山、花の百名山及び新・花の百名山(Wikipediaより)

**高山植物とお花③** 
hakusan_hana3.jpg 

登山ルートはアクセスと時間の都合で禅定道ではなく平瀬道ルートとしました。二日目の天候が今一との予報に翌日予定を繰り上げて2ピークとお池めぐりを歩きお花畑が素敵な白山を満喫しました。
室堂に到着して最初に霊験あらたかな白山神社に参拝、登山の安全を願いお守りを授かってきました。

**左上の尖ったが山が現在は立入り禁止の剣ヶ峰(2,677m)と、お池めぐり**
20170821hakusan3.jpg 

**高山植物とお花④** 
 hakusan_hana4.jpg

**高山植物とお花⑤**
hakusan_hana5.jpg 

そういえば大汝峰から降りる途中、白装束の信者さんとすれ違いました。日本三霊山の一つと言われるだけあってそのいでたちは泰澄大師の姿をダブらせるかのようで開山の古来からここを訪れた多くの修験者達がしたと思われる錫杖を突く音と般若心経がさも聞えてくるようでした。

**大汝峰(2,694m)**
20170821hakusan2.jpg 

**高山植物とお花⑥**
hakusan_hana6.jpg 

**高山植物とお花⑦**
hakusan_hana7.jpg 

盆を過ぎた平日の白山は登山客も少なく、夕食までの時間は周辺の散策や食堂が併設の室堂ビジターセンター内フリースペースで読書も良し、時間になればお代わりありの食堂でイッパイやるのも嬉しいですね。

Link 白山ベストガイド(一般財団法人 白山観光協会より)

**上、ビジターセンター食事 下、平瀬の次平 大白川温泉露天風呂**
20170821goraku.jpg 

■初日・登り
→実タイム=室堂まで4時間(コースタイム=4時間30分)→
※実タイムには小休憩や撮影時間も含む

初日・登り:白水湖畔ロッジ6:10→2時間2分(2時間50分)→8:12大倉山避難小屋8:13→49分(45分)→9:02カンクラ雪渓9:03→32分(45分)→9:35展望歩道分岐9:37→13分(10分)→9:50白山室堂10:10→38分(40分)→10:48御前峰(2,707m)11:00→43分(40分)→11:43お池めぐり分岐→4分(5分)→11:47大汝峰下の分岐11:48→19分(20分)→12:07大汝峰(2,684m)12:41→17分(10分)→12:58大汝峰下の分岐13:00→2分(5分)→13:02お池めぐり分岐13:03→山頂池めぐりコース57分(45分)→14:00白山室堂・宿泊棟はこざくら荘、ゆっくり睡眠がとれました。

**高山植物とお花⑧**
hakusan_hana6.jpg 

■二日目・下り
→実タイム=白水湖畔ロッジまで3時間40分(コースタイム=3時間)→
※実タイムには小休憩や撮影時間、大倉山での三角点探しの時間も含む

二日目・下り:白山室堂7:30→10分(10分)→7:40展望歩道分岐7:40→40分(30分)→8:20カンクラ雪渓8:21→37分(30分)→8:58大倉山避難小屋9:00→2時間10分(1時間50分)→11:10白水湖畔ロッジ

**高山植物とお花⑧**
hakusan_hana8.jpg 

**高山植物とお花⑨**
hakusan_hana9.jpg 

下山時には登りで見る事が出来なかった私の好きな蝶、「アサギマダラ」を何匹も見られ、多くの写真や動画を撮るのに下山を忘れるほどでありました。そう言えばアサギマダラのほかに赤とんぼ(アキアカネ)も群れで沢山見られました。樹林帯に入る頃には野鳥も見られその鳴き声の心地良さに聞き入る事も度々でした。

**アサギマダラ・ニュウナイスズメ?・赤とんぼ(アキアカネ)**
hakusan_ikimono.jpg 
今年の登山は、泰澄大師 白山開山1300年 ゆかりの地を尋ね、白山に登ろう!という計画は七割方達成、残す所もこれから詰めて行きたいと思います。
スポンサーサイト

| mt. | 21:57 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

古寺の里、A川の魚道調査・・・フィッシュウェイ・サポーター②

今朝は地元にある古寺へ久方振りに参拝させて頂きました。
最近は、古い寺社仏閣にある独特の静けさと安らぎが好きで訪ねてみたくなるという・・・歳を取った所為でしょうかね~。

**濃の正倉院とも言われる横蔵寺には妙心法師の即身仏が祀られている**
20170825fws_asakagawa2.jpg 

蔵寺(よこくらじ)は岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲神原にある天台宗寺院。山号は両界山、本尊は薬師如来。西美濃三十三霊場第一番札所。重要文化財を含む多数の文化財を有し、「美濃の正倉院」とも呼ばれる。紅葉の名所でもあり秋の行楽シーズンには特に多くの参拝客が訪れる。このシーズンに「横蔵寺もみじまつり」が開催されライトアップが行われている(横蔵寺 Wikipedia)


参拝を済ませた後、「フィッシュウェイ・サポーター(FWS)」として初めての魚道調査に参加して来ました。
今回、調査対象になる支流は、30年以上前に釣りで入渓した里川、現在はどうなっているのか気になる存在ではありました。地元にいながら川の状態や魚の生息状況が今一、把握できていない河川もあり興味津々の参加となりました。

**何項目もの現地確認作業をするFWS**
20170825fws_asakagawa1.jpg 

過去、集中豪雨で流域は一変、復旧はされたものの2面護岸の味っけない里川に変わってしまった。それから地元住民や行政の努力により魚の棲める川にするべく環境の整備、魚道の設置や改良などが行われると数多くの水生昆虫や、アブラハヤやアマゴなど渓魚が戻り、水鳥も見られるようになった。今では蛍の名所にもなりここを訪れる観光客も多いと言う。
しかし、多様な生物の往来ができる魚道確保の為の点検と補修は継続的に必要とされ、何項目もの現地確認作業どなから維持に役立ています。

◎岐阜県フィッシュウェイ・サポーター(FWS)とは・・・
岐阜県では「清流の国ぎふづくり」を進めており、その中の「清流を守る」施策の一つとして、多様な生物が往来できる「水みち」の連続性を確保することを掲げており、県民協働により多様な生物の往来が出来る魚道の機能確保を目指すもので、フィッシュウェイ・サポーターは県管理河川や砂防設備に設置されている魚道について「清流の国ぎふ・魚道カルテ」を用いて年1回以上点検を行っていき、修繕に必要な対策などについても提案していきます。

| 未分類 | 20:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

西穂独標・双六岳~三俣岳~鷲羽岳~水晶岳

夏休みを利用して、北ア/西穂独標・北ア 裏銀座/双六岳 三俣蓮華岳 鷲羽岳 水晶岳を歩いて来ました。
hana1.jpg 

《初日》
午後に現地到着、台風5号を登山口付近駐車場でやり過ごす。
雨台風は沢や谷を増水させ轟音とともに流れ落ちている。
《二日目》
7:40 入山
登山指導センターで情報を入手後、雨の中、入山。
沢渡りで滲みた登山靴を不快に思いながら小池新道に入る。
回復傾向から霧が僅かながら上昇し始めている。
ここらで写真をと思った時、カメラ&スマホを入れたバッグを忘れた事に気付いた。ここまで来てショックだったが一度、引き返す事にした。
縦走用の70-95Lザックが更に重くなった気がした。
取って返すつもりだったが気持ち的に疲れ、計画変更、温泉でゆっくりして天候の回復を待つ事にした。
20170808_13kitaalps1.jpg 

《三日目》
8:00 入山(新穂高ロープウェイ)
雲は厚く高所では雨模様ではあったが流石にジッとしていられなく西穂独標まで足慣らし。
時間と共に晴が広がり、特に笠岳方面の展望は抜群。槍も雲の切れ間から見える。
8:28 西穂山荘着。
ロープウェーで一般の方も多く山岳でありながら観光地的光景が垣間見える。 
10:15 丸山着。(2,452.0m)
アタックザックのおかげで快適な山歩きは、あっと言う間に丸山へ。
20170808_13kitaalps2.jpg 

眼下の上高地と花を楽しみながら前方の岩稜に辿り着くと鎖場を登り西穂独標へ。
11:08 西穂独標。(2,701.0m)
休んでいるうちに霧が掛かりはじめ直ぐ先さえも見えなくした。
岩稜のピラミッドピークなど幾つかを1時間半ほどで西穂高岳山頂となるが、欲が出るのをグッと押さえて明日に備える事にした。
14:20 帰りには鍋平高原でゆっくりランチ、ついでにビジターセンター山楽館を久し振りにのぞいてみた。
20170808_13kitaalps3.jpg 

《四日目》
7:30 新穂高より入山。
林道を歩き、わさび平小屋で小休止した後、左俣谷を外れ小池新道へ。
沢の水も落ち着いて整備された石畳の登山道はありがたいが、雲に覆われた尾根は殆ど見えない。
秩父沢、チボ岩、イタドリヶ原、シシウドヶ原、熊の踊場を上がると鏡平に出る。
20170808_13kitaalps4.jpg 

11:40 鏡平山荘で早めのランチ、山荘のカレーライスは程良い辛さとコクで食欲が進む。残念ながら雲に阻まれて槍ヶ岳を見る事は出来なかった。
尾根に出ると弓折岳分岐で左は笠が岳方面へと続く。
右への尾根上にはお花畑が広がり、残雪は暫く解けそうにないだろう。
20170808_13kitaalps6.jpg

尾根を下ると前方にテン場と双六小屋、後方に鷲羽岳も見えてくる。
双六池、賑わってるテン場から石垣の間に立つ富山大学診療所、双六小屋のベンチまわりは登山客でいっぱいだった。
14:00 双六小屋着。それにしても双六小屋のケーキは美味かったなぁ~
 20170808_13kitaalps7.jpg

《五日目》
5:20 双六小屋出発。
雲と霧で殆ど見えない中、稜線ルートを双六岳へ。
結構、広々としている尾根ではあるが雨も降り出し撮影どころではなくなった。
6:20 双六岳頂上。(2,860.4m)
20170808_13kitaalps8.jpg

双六岳は雲で覆われ眺望なし、休む間もなく手早く写真を撮り、稜線ルートから中道との分岐を経て丸山(2,854.0m)から三俣蓮華岳へ向かう。
7:25 三俣蓮華岳頂上。(2,841.4m/300名山)
20170808_13kitaalps9.jpg

頂上付近は雲の中、視界が悪く展望は利かない。それでも居合わせたご夫婦に写真を撮ってもらう。
なだらかな花畑の中を下って行き巻道の分岐を過ぎると下方にテン場と三俣山荘が見える。テン場は沢沿いに転々としてその中を進むと山荘に辿り着く。
hana4.jpg 

8:05 三俣山荘着。
20170808_13kitaalps10.jpg 

三俣山荘「黒部の山賊」で有名な伊藤正一さんが再建された山荘、黒部源流や裏銀座の事を伊藤さんなくしては語れない。
運良く晴れ間が出はじめて雲の切れ目からは槍ヶ岳を見る事ができた。
目の前にある鷲羽岳も頂上部分は雲に隠れてはいたが見る事はできた。
小屋でお手伝いの低学年の男の子の接客に感心しつつ酵母パンとネクターを購入。
正面に見える槍は特別な存在感があり、ベンチで眺めながら頂いた。
鷲羽岳への急坂を上ると右下の雲の切れ目から鷲羽池を見る事ができた。
9:42 鷲羽岳頂上。(2,922.4m/百名山)
20170808_13kitaalps11.jpg 
割と広い頂ではあるが依然、雲の中。ここで引き返す方も多いようでした。
特に休む事もなく岩場をトラバースしてロープも問題なく進み、ワリモ岳(割物岳2,888.0m)直下、ワリモ北分岐を通過。
hana5.jpg 

途中で雨に降られて合羽を着たり脱いだりしながらも展望が望めない分、お花畑では足が止まる。
20170808_13kitaalps12.jpg

11:20 水晶小屋着。
小休止して稜線を行くと岩場になり一箇所あるハシゴも難なく越える。
11:55 水晶岳(黒岳)頂上。(2,977.9m/百名山)
20170808_13kitaalps13.jpg 

水晶岳の頂上は狭かった。写真を手早に撮り後続の登山者に譲る。三角点はこの直ぐ北の下にある。
12:30 水晶小屋着。
20170808_13kitaalps14.jpg 

水晶小屋でランチ。名物の「げんき汁」はゴボウと焼餅が2個入ったお雑煮の様なものでとても美味しかった 
20170808_13kitaalps15.jpg

ワリモ北分岐から岩苔乗越を黒部川源流に沿って下りる頃、晴れ間が覗き始め強い夏の太陽が照り始めると祖父岳の雪田が緑の中に真っ白に見える。少し上がると源流とはお別れ「黒部川水源地標」を確認してそこから沢沿いに上がり三俣山荘へでる。
20170808_13kitaalps16.jpg

15:10 三俣山荘泊まりも考えたが、明日以降の事を考えて小休止のみで三俣蓮華岳手前まで登り返し、巻道との分岐を双六小屋方面へと行く。
巻道は双六岳と三俣蓮華岳をショートカットしていて見事なお花畑と幾筋もの沢を渡るルートで下りが多く歩き易い。
20170808_13kitaalps17_1.jpg

双六側の巻道分岐を過ぎて眼下に双六小屋とテン場が見えはじめる。
16:55 双六小屋着。二日目ともなるとこの山域の中核を成す小屋である事も含めて居心地良く思えるのでした。

《六日目》
4:50 小屋前で夜明けを待つ。どうやらご来光も拝めそうです。
20170808_13kitaalps19.jpg 

ふと振り返ると山と小屋が赤く染まってプチ・モルゲンロートに感動でした。20170808_13kitaalps18.jpg

6:20 下山開始。
天候も回復してきて雨の心配はない。
ただ、山頂付近は未だに雲や霧が掛かった状態に見える。
出る時にここで知りあえテン泊をされていた方に声を掛けられご挨拶。
20170808_13kitaalps20.jpg 

下りはコースタイムを縮める事を目標に下山、とは言ってもトレランではなく無理がない程度に下りる。
くろゆりベンチ、雪田花見平は眺めも良く快適に尾根を行くと弓折分岐よりは上がりの登山者も増え鏡平山荘は賑わっていた。
hana7.jpg 

鏡平小屋に下る道で青空の中に霧が掛かった槍ヶ岳が見え始め、鏡平に着く頃にはその姿を現しました。ここから見る槍も存在感があり、力強く美しい。
7:50 鏡平山荘着。
20170808_13kitaalps21.jpg 

行きは時間的にカレーでしたが、帰りは名物の「抹茶あずきカキ氷」、槍を見上げながら頂きました。
小池新道では沢山の登山者と出会いましたが皆さん挨拶も良く元気に登っておられました。
突然、現れた荷揚げのヘリはそのうち何度も気忙しく飛び運んでいました。
9:30 林道に出る。
9:50 わさび平小屋着。
20170808_13kitaalps22.jpg 

水槽で良く冷えた新鮮なトマトとキュウリを塩を振って頂く、これがまた最高に美味い!
淡々とした林道歩き、麓へ下りてくると新穂高といえども暑いのだが途中で熱い体を天然のクーラーで冷やしてくれるのが風穴です。行きも帰りも必ず寄ります。その心地良さについつい長居をしてしまいます。
11:20 新穂高へ下山。
20170808_13kitaalps23.jpg 

■高低差 1887.9m 
               登山口 新穂高 1,090.0m
               最高点 水晶岳 2,977.9m

■行きのコースタイム ①+②=14時間20分
       (Myコースタイム ①+②=12時間05分)
①行き:新穂高~鏡平山荘~双六小屋(泊)
        コースタイム7時間20分
        (Myコースタイム6時間30分)
②行き:双六小屋~双六岳~三俣山荘~三俣蓮華岳~鷲羽岳~ワリモ岳~水晶小屋~水晶岳
        コースタイム7時間00分 
        (Myコースタイム5時間35分)

■帰りのコースタイム ③+④=10時間 
        (Myコースタイム9時間)
③帰り:水晶岳~岩苔乗越~黒部川源流~三俣山荘~(巻道)~双六小屋(泊)
        4時間45分
        (Myコースタイム4時間50分)
④帰り:双六小屋~鏡平山荘~(小池新道)~わさび平小屋~新穂高
    コースタイム5時間15分
        (Myコースタイム4時間10分)

●お世話になった山小屋
      三俣山荘・水晶小屋
                  西穂山荘


hana2.jpg 

今回は、台風の影響から計画変更をしての登山となってしまった。
北ア・裏銀座のゆったりした尾根を素晴らしい眺望と数々の花を楽しみながら歩きたかったが行く先々で雨と雲に阻まれ、下からピークを眺めながら登る事はできなかった。自然とは思うようにはならないものである事は承知だが正直悔しい。しかし、山で出会えた人達と僅かな時間を語り合い過ごせた事は大切な思い出となりました。
いつか青空の下、尾根歩きを楽しみながらそびえ立つピークを目指したいものです。

| mt. | 21:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

フィッシュウェイ・サポーター

《岐阜県フィッシュウェイ・サポーター》
フィッシュウェイ・サポーター(FWS)の依嘱式と講習会に行って来ました。
任期は3年で更新制となっています。

岐阜県では「清流の国ぎふづくり」を進めており、その中の「清流を守る」施策の一つとして、多様な生物が往来できる「水みち」の連続性を確保することを掲げており、県民協働により多様な生物の往来が出来る魚道の機能確保を目指すもので、フィッシュウェイ・サポーターは県管理河川や砂防設備に設置されている魚道について「清流の国ぎふ・魚道カルテ」を用いて年1回以上点検を行っていき、修繕に必要な対策などについても提案していきます。

微力ながら、地元の川を中心に一歩踏み込んでみたいと思います。

**魚達にとって極力ストレスが少ない魚道の確保をしていく為の調査をします**
20170802FWS.jpg 

| River Field | 15:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |