"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

山上湖と渓流釣行キャンプ

三連休を利用して倶楽部メンバーのTHさんとWさんをご案内して山上湖と渓流のフライフィッシングとキャンプを楽しんで来ました。


【初日】
山上湖は既に釣人達で賑わっていました。私達は登山口のキャンプ場をベースに釣り上がります。

**初日のキャンプ地**
20130921_23_arimene_toga_kuzo3.jpg
絶好の好天は山岳渓流の秋色をより美しくさせてくれ、大イワナへの思いは膨れるばかりでしたが、渓相に反して期待する尺上イワナに出会える事はありませんでした。
その晩は、地元の友人Yさんが差し入れを持ってわざわざ駆け付けてくれ、その晩はとても楽しい時間となりました。Yさん、ありがとうございました。

**Yさんの差入れやWさん、料理長の手料理で最高の食事でした♪**
20130921_23_arimene_toga_kuzo.jpg

【二日目】
朝、湖に流れ込む渓流に向かう途中での事、茂みから飛び出した黒い物体二つ!それが親子連れのツキノワグマである事に直ぐに気付きました。
運転をいていたTHさん、慌ててブレーキを踏みましたが停止できたのは、およそ30mほど手前でその間、親子は立ち止まって慌てる様子も無くじっとこちらを覗っていました。
「カメラ!カメラ!」い言いながら慌てて取り出した携帯ですが、残念な事に電波が届かないここではオフにしてあり、やがて親子熊はゆっくりと茂みに中に消えて行きました。
時間にして数分の事だったと思いますが、三人には鮮烈なあの親子熊の姿と目が焼き付いて暫くは興奮状態にありました。
こんなチャンス滅多にない事で、画像に収められなかったのがとても残念で悔しかったです。今度からはカメラを持ち歩こうと思いました。

**ツキノワグマの親子(イメージ画像)**
reference_image.jpg
※画像はリアルさを出すためにBlog"森にふく風"のYAMAGUTIさんのものを拝借してイメージ加工しています。現地は、舗装道路ではありましたが、ほぼこんな感じで暫く対面しました。
それからのWさんは意気消沈・・・絶対に出会いたくなかった、熊なんか居ない事を願っていたからこそ、この事実は衝撃的であり言葉少なになっていたのでした。

その後、私はテントを乾かして片付けを済ませる事にして、THさんとWさんは湖へ流れ込む渓流へ入渓されましたが、普段以上に警戒しながら釣り上がり集中できなかった事が原因か小物ばかりとの事でした。

ここを諦め昼から県西部の渓流へ移動する事になりました。
予定地へ通じる林道は悪路の為、これ以上行くのは無理と判断して諦め、入口近くで夕マズメを楽しむ事になりました。ここも大イワナの実績がある区間で、魚の魚影は濃いものの期待した尺上とは出会えませんでしたが、この川が初デビューのWさんに待望のイワナが釣れて一安心でした。

**Wさんもイワナ達に遊んでもらいました~♪**
20130921_23_arimene_toga_kuzo1.jpg
さて、今夕の宿をと考えていた矢先の事、THさんからテレビの移る場所で泊まりたいと・・・?話しを聞けば人気ドラマ"半沢直樹"が最終回だとか、そういう私もファンであったから当然、県境越えの夜移動となりました。
時間までに何とか目的の市内に着け、先ずは夕食を頂いた後、15分遅れで視る事ができました(^^ゞ

【三日目】
最終日はWさんの更なる釣果を求めて当たり外れの無い渓へご案内させて頂きました。
朝の内は気温が低く厳しい様でしたが、時間と共に活性が上がってWさんに待望のイワナが釣れました。その後も追加して最終目的地の滝に到着、ここで尺イワナを期待しますがWさんには反応がありません。

**THさんも楽しんでいました~♪**
20130921_23_arimene_toga_kuzo2.jpg
その後、THさんと代わり壁際で行き成りのヒット!ロッドが弧になり大物の様です。彼自身も「デカイ!デカイ!」声を上げ確信したようです。そして、ランディングした魚は待望の尺上ヤマトイワナ32.5cmで、THさんがドヤ顔で画像に納まったのは言うまでもありません。

**動画/2013尺上ヤマトイワナで飾る♪**

また同じポイントへ直後に入って釣られてしまったWさん、悔しいやら悲しいやら、掛ける言葉が見付からずそーっとしておきました。(^^ゞ
ここで三連休の釣行は終了、禁漁間近な終盤に渓流のフライフィッシングとキャンプを楽しんで頂いた事が嬉しく、ご案内させて頂いた事に感謝です。m(__)m
スポンサーサイト

| Amago &Iwana | 13:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>