"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

石徹白フィッシャーズホリデーに参加して

この週末、今年も楽しみにしていた「第14回石徹白Fisher's Holiday!」に参加して来ました。
石徹白フィッシャーズホリデー
石徹白漁業協同組合

前日入りして事務局長の大津さんを中心に会場準備のお手伝い、ブーステントとイベントテントのトラック積込と設営、椅子と机のトラック積込と配置など、夕方まで掛けて忘れ物が無い様に準備しました。

初日は石徹白C&Rミーティングで、スペシャルゲスト(当別講師)の佐藤成史氏による講演、貴重なデータや写真を交えて大変興味ある内容でした。以前から佐藤氏にお会いしたいと思っていた事が実現した次第です。

**講師の方々(テンカラ石垣氏・榊原氏 フライ岡田氏・安田氏 ルアー・吉田氏 写真家・木村氏)/SPゲスト・佐藤氏**
2014itoshiro_fh1.jpg

午後からは人気の初体験や体験実釣などの体験スクールが、各、第一人者のエキスパートにより開かれ、私は安田龍司氏の地元小学生によるフライフィッシング教室を急遽、お手伝いをさせて頂く事になりました。
小学生といってもその腕は大人顔負け、全員がフライでアマゴやイワナを釣っている経験者だそうです。
なるほど、上級生の中には開きの岸際ギリギリにいるスレスレのアマゴをロングリーダーで見事にゲット!
更に魚を触るのも水で手を冷やしてからと言う、マナーに長けた礼儀正しい素晴らしい子供達でした。

**石徹白っ子は元気で礼儀正しい/川の中央の石に生えてた草の中で見付けた鳥巣と卵**
2014itoshiro_fh4.jpg

夕方からは、毎年一番楽しみにしてるBQQ懇親会です。去年まではJFFさんの仲間に入れて頂いて盛り上がりましたが、今回からはサクラマスレストレーションで参加する為にSRの皆さんと同席、盛り上がりました。とは言ってもJFFさんは直ぐ隣でしたから行ったり来たりで楽しさ2倍でしたね!おかげでチャンポン、チョッと飲みすぎました~(笑)

2日目も朝から各、体験スクールが開かれ、所属する倶楽部「B.P.F.F」からも3人のメンバーが岡田裕師講師のスクールを受講され、とても勉強になったと感謝していました。

**SRの代表と看板娘?達/地元ブース販売の山菜の天婦羅/岡田講師のスクールに参加のお三人/イワナ**
2014itoshiro_fh5.jpg

また、二日間に亘り自然や文化、歴史や暮らしをより深く取材する某テレビ局の番組取材があり、内容も分からず急遽出演、どうなってる事やら放送日が気になります(笑)

名残惜しいですが閉会の時が来ました。参加者の方々のご協力ででテントの撤収、机と椅子を片付けた後、豪華賞品争奪ジャンケンポン大会(仮名)、ブース協賛店などから数々の景品が出されて最後まで残ってくれた皆さんと楽しい時間を過ごせました。皆さん、お疲れ様でした。


さて、この「石徹白Fisher's Holiday!」は、私の中では同じ趣味を持った仲間達が集まり、川と渓流魚など自然環境を考え、釣りの楽しさを語り合い、広く発信する場であると同時に祭りの場でもあると思っています。

1997年、魚自身の再生産能力で魚が増える事に拘って、前身の「在来魚を殖やす会(C&R)」から今日の「石徹白C&Rミーティングの"石徹白フィッシャーズホリデー2004"」までそのポリシーは変わる事無く続いていますが、その立役者である、斉藤彰一氏は今回、体調不良としてお顔を見る事が出来ませんでした。きっと一番この場に居たかったのは斉藤氏であると思います。一日も早くお元気になられ、また楽しいお話をしたいですね。

最後にお世話になった「石徹白漁業協同組合」の石徹白組合長さん、「石徹白Fisher's Holiday!」実行委員会事務局の大津さん、佐々木さん他、関係者の皆さん、ありがとうございました。
来年も準備方々お世話になりますので宜しくお願いします。
スポンサーサイト

| Event | 20:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>