"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

増水で釣りが出来なくても九頭竜へ来てしまう理由。

2015 4/20~21 自然の作用によって起こる増水は仕方がないが、そこにダムが絡んで来ると、何とか出来ないものかと思ってしまうほど今年の増水は続いてやって来る。しかも休みが取れた週末だとか遡上条件の良い時に限って・・・それでも来ちゃうんだな~♪


今回、風雨の吹き荒れる中、止み間を狙って出来たのは小一時間、ロッドは揺れラインは風に流され反応など分かる筈もないほどであった。
それでも来ちゃったのは師匠に遊んでもらうのが・・・いや、タイイングが目当て!テーマは孔雀?だっけかな~(^_^;)
いずれにしても師匠にはこんな出来が悪い私ですら親切丁寧にご指導頂いて本当に感謝していますm(_ _)m

しかし、これは私だけが特別ではなく、今月発刊の6月号FlyFisherにウエットフライの特集が組まれておりますが、その中で我が師匠、安田龍司氏も、そのシステムやフライ、そしてテクニックに至るまでを取材されて、それらは九頭竜川本流のサクラマスから支流の石徹白川に至るまでの釣りをカバーできるほどです。
師匠を良く知る方はその人柄だけでなく、これらの豊富な知識と技術に惚れてしまいます。
ですから、九頭竜川に私や釣り仲間達が通ってしまう一つの理由が分かってもらえると思います。

今回もまた〇秘フライを教えて頂きました・・・あれ?これって?なんだよ!もう、釣り雑誌に公表されているじゃないか!!(笑) これも師匠の良いところですかね~♪(^_-)-☆

**師匠のタイイング/増水により釣りは無理/ロゼ店長とマダム達はキャス練/FlyFisher6月ウェットフライの妖艶ほか**
20150420_21image.jpg
スポンサーサイト

| Kuzuryu River | 00:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>