"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「近くて遠い川」

釣りをするのが一番少なかった「近くて遠い川」
昨日、Face bookにUPした歩いて5分の川、この時期なら鮎の飛び跳ねる姿が見られ友釣りの太公望が並び夏の風物詩にもなっていた。また、沢山の魚が泳ぎ回るのが見えて、夏休みになるとそれを近所の友達とパンツ一枚になって手掴みで捕ったりしていた少年時代、今は川原の石拾いも出来ないほどに河畔林が増え葦原は伸び放題で川に近付く事すら難しい。

**この川を語るに渓流釣師「山本素石」は外せない**
NEC_0009.jpg
「山本素石」Amazon著者ページ
山本素石綺談エッセイ集 釣山河、 釣りと風土、などダムに沈んだ旧徳山村やツチノコが題材になっている。

しかし、年々川の状態は悪化、数年前の豪雨で川は土砂が流れ込み堆積、場所によっては大石も埋まり固い川床となってしまった。上流に大きなダムが幾つかあり、このまま行けばあの頃の清流に戻る事はもう無いのかもしれない・・・。

**瀬を釣り下る淳ちゃん**
NEC_0013_1.jpg

釣り人達も中々良い結果が出ないのか最近ではめっきり減ってしまったように思えるが、過去、釣り天国の様であった川へ再び戻って欲しい願いを何処かに持ちながら、やや諦め掛けて遠のいてしまっている私がいたのも現実でした。

**ウグイも貴重な釣り対象となるかもしれない**
NEC_0016_1.jpg

しかし、3年前から続けている発眼卵放流の成果がそろそろ出る頃で、期待をしながら現在、調査中です。
本流アマゴやサツキマスが昔の様に釣れくると良いですね♪(^O^)/
スポンサーサイト

| River Field | 20:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>