"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「第32回アマゴ発眼卵放流」実施

今日は、所属するBPFF(ビーバーポンド フライ フィッシャーズ)の発眼卵放流に参加して来ました。
今年で32年目となる発眼卵放流は、発眼卵の積算温度の関係で延期となっていた事もあり参加者は当初よりかなり少ないものとなりました。
漁協の放流委員さん立会いにより、雨の中での作業ではありましたが手際良く進められ無事に終了しました。
「第32回アマゴ発眼卵放流」
放流日:11月27日 9:00~13:30
天候:曇りのち雨 
気温:11℃
水温:支流/7.5℃ 本流/9.5℃
放流量:アマゴの発眼卵30,000粒(支流/20,000粒 本流/10,000粒)
放流方法:WVBほかによる人工卵床へ埋設 (WVB=フィットロック バイバード ボックス)
特記:従来のWVBに加え今回は回収不要の自然に優しい孵化ボックス(フランス製)を一部使用。
   今後はこの孵化ボックスの経過を見て行きます。

**少数精鋭?(笑) 作業は手際よく進められました**
hatsuganranhoryu.jpg 
※参加されました皆さん、ありがとうございました。
次回、回収日は多くの方の参加をお待ちしておりますのでどうぞ宜しくお願いします。
スポンサーサイト

| Beaver Pond Fly Fisher's | 18:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>