"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

第6回サクラマスサミット

今年で6回目となる森田公民館主催のサクラマスサミットへ参加してきました。
例年、にサクラマスサミットへの参加者は多く関心の高さが伺われます。
森田公民館 館長 栁原健一氏のご挨拶と講師紹介で講演が始まりました。
最初は鉄道運輸機構 福井鉄道建設所 所長 西恭彦氏が「北陸新幹線 九頭竜川橋梁工事の現状」として遡上魚などへの影響を最小限に抑えた工法と進捗状況など説明され参加者も関心を持って聴き入っておられました。
続いて、佐幸測量設計株式会社 技師長 脇本幹雄氏は「一乗谷川におけるふるさとの川づくり」として、過去前職で携われた一乗谷川の整備事業を事例として川の優れたデザインを分かり易く説明され森田公民館が手掛け様とされている芳野川への参考になりました。
講演のトリは福井県立大学 准教授 田原大輔氏が「養殖魚から天然魚の保全を考えよう」として養殖魚を活用する事で貴重な天然魚の保全を考えなくてはいけない事の提言に、対象となる低層魚から大型の遡上魚までを養殖する為の技術と設備の更なる発展が望まれると感じました。
引き続き公民館食堂が取組んだ食文化の継承~九頭竜川の恵みの紹介がありました。この際に配られた地元米のおにぎりには流石、福井産と今更ながら唸らされました。
参加者を含めての対談では質問なども出て終了時間までが短く感じるほどでした。
森田公民館では新たな取り組みがあるようです。また近々、それに参加したいと思います。

**第6回サクラマスサミット**
スポンサーサイト

| Event | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>