"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

縦走に備えて・・・テント&ザックのメンテ

梅雨明けしたと言うのにいつまで経ってもハッキリしない空模様です。
縦走を前にして遅れていたテントとザックのメンテナンスをしました。
テントは長い付き合いとなっているARAI TENT-AIR RAIZ2、去年の仙丈ケ岳以来です。
ザックは縦走用のKarrimor Cougar70-95です。
使用した撥水剤はNIKWAX テント&ギア・ソーラープルーフです。

《参考リンク》

■テント
テントを設営して本体、フライともに点検、補修箇所の確認をします。
【補修箇所】
 ①部分的に浮き剥がれてきたシームテープ (本体底部分とフライ)
 ②ソースか何か分かりませんが垂れた染み (本体右サイド部分)
 ③擦れて小さな穴が数箇所 (本体底部分)
 ④以前から気になっていた撥水性(本体底部分とフライ)

【補修処理】
 ①シームテープはアイロンの化繊2~3で当て布をして軽く数度撫でて熱溶着。
  下の写真、Before&Afterの様に上手く再熱溶着する事が出来ました。 
 ②染みは濡れタオルに中性洗剤を付けて軽くこすり、ほぼ消す事が出来ました。
 ③テント用リペアーシートを適当な大きさにカット、角丸にして両面から貼り付け。
 ④テントを設営した状態で水道水を掛けスポンジで軽くこすって水洗いで汚れ落し。
  濡れた状態のまま、「NIKWAX テント&ギア・ソーラープルーフ」をスプレー。
  かけ過ぎて白い部分は濡れタオルで拭き取り日陰で自然乾燥すればOKです。

**シール熱溶着:フライと下テント本体底のBefore/After
tent zack1 

■ザック(リュック)
ザックは手洗いした後、水切りをして中に新聞紙などを詰めて形作りをしておきます。こうする事によってNIKWAXのスプレーが隅々まで浸透させる事が出来ました。
【補修箇所】
 ①サイドポケットのホツレ
 ②トップリッドの汚れ
 ③ローコンパートメント蓋と底側の汚れ
 ④背中部分やショルダーストラップ、ヒップベルトの汗などによる薄汚れ

【補修処理】
 ①は化繊糸で2~3往復を手縫い補修しました。
 ②③は各パーツを外し汚れの酷い部分は消ゴムで消たり中性洗剤でこすっておく。
  ②③④タライに浸せる位のぬるま湯と適量の中性洗剤を入れて1~2時間浸ける。
  軽く手洗いして水に入れ替え、ザックを押さえる様に濯ぎ洗いを数回繰り返す。
  水が泡立たなくなるまで続けたら影干しのようにして余分な水切りをる。
  濡れている内に「NIKWAX テント&ギア・ソーラープルーフ」をスプレーする。
  かけ過ぎて白い部分は濡れタオルで拭き取り日陰で自然乾燥すればOKです。

**左上 フライ・右上 ザック・左下 テント本体・右下 テント底 **
tent zack2 

「NIKWAX テント&ギア・ソーラープルーフ」1本でテントフライとザックの2つを撥水加工する事が出来ました。
午後から陽も射し始め、適度な風にテントもザックも徐々に乾き始めています。
明日からは計画に合わせて全ての携行品などをチェック!現地で不備となら無い様にしたいですね。
スポンサーサイト

| mt. | 19:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>