"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

今年初の渓流釣りへ(South Alps編)

10日ほど前から秋の空気に変わった今日この頃ですが、今年初となる渓流釣りに友人H氏と友人で地元のS氏に案内して頂き、念願であったもう一つの南ア・山岳渓流を尋ねて来ました。

前夜からの雨は嘘のように上がり、霧も晴れて3,000m級の名峰に囲まれた奥深い山岳渓流は濁る事無く、優しくも力強く、そして美しく、時には感動をも与えてくれます。その光景に浸りながら核心部へと入って行きますが、頼りになるのは危険予知と強靭な足がモノを言います。倒木やガレ場を乗り越え、早瀬を渡渉し、ひたすら歩くとようやくその核心部でイワナ達は応えてくれました。

**力強い泳ぎを見せてくれたイワナ達**
20170902_03 s_alps Mt stream1 
入渓間もなく尺イワナと出会え、複数の良形イワナも歓迎してくれた事で早いうちから満足感を味わう事となりました。そうなるとゆとりも出てペースもゆっくり、先行者の後から釣り上がりますが、それでも十分に楽しめました。

**ここでは危険察知と足が頼りです**
20170902_03 s_alps Mt stream2 
釣りだけではありません、気の合った仲間達と一緒に過ごす時間は釣り以上に楽しいです。呑まないS氏も「乾ぱ~い!」です(笑)

**釣ばかりじゃない、ランチタイムやミニ宴会、温泉だって最高に楽しい!**
20170902_03 s_alps Mt stream3 
そうそう、ここで忘れていけないのが地元の星、望月将悟さん(上の写真、右下です)望月さんは2016年大会で、「トランスジャパンアルプスレース(TJAR)」で4連覇と5日切りの金字塔を打ち立てられました。TJARは、日本海をスタートし、日本アルプスの山々を縦断、太平洋に至るまでの総距離415km、累積標高差2万7000mを、自身の足のみで8日間以内に踏破する山岳レースです。

私にとって今年初の渓流釣りは、S氏の案内と計らいで最高の2日間となりました。
名ガイドに感謝、来年もまた良い時期に訪れたいと思います。

《施設などURL》
スポンサーサイト

| Amago &Iwana | 20:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

| PAGE-SELECT | NEXT >>