"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

山岳渓流を調査せよ!

皆さん、こんにちは。
8月になってからというものの、夏日限定で避暑も兼ねて山岳渓流を楽しんでいますが、その折に訪ね先の友人と、未だ入渓した事のない支流を調査してみようという事になり、深夜の高速を飛ばして行って来ました。



この川に降り立つには、前回に調査して来た川以上に準備が必要で、特に友人が準備してくれた機動力は心強い助っ人となって当初の計画より快適なアクセスを提供してくれました。その上、風を切る快感さは、青春時代を思い出させてくれた瞬間でもありました。

**青春時代、林道走行が好きだった・・・**
20120827research

予定の場所にデポして徒歩で数キロ、やがて谷底は徐々に近付き、そこへの到達も意外と容易でした。
切り立った壁の続くゴルジュではありましたが、降り立ってみて想像とは大違いである事も分かりました。
とかくゴルジュと聞けば暗く、狭い印象を受けますが、ここは広く明るく、比較的平坦で、左へ右へと蛇行するインレット側には河原もあり、遡行には全く問題ありませんでした。

**装備は常に万全ですが過信はいけません**
20120827research

直ぐに友人が、良型のイワナをヒットさせ期待を膨らませてくれますが、その後は小さなイワナが連続するのみ、秘境故に多少の思い入れもあったでしょうが、少々寂しいスタートとなってしまいました。

**友人に体高があり美しいイワナが・・・**
20120827mini76.jpg

暫く釣り上がると、昔は入会山であった事を垣間見せてくれる吊り橋の残骸が見られ、当時は毎日の様にここへ通う山師達の姿がそれをとおして目に浮かんで来ます。今では人も近づかぬこの地にこうして私達がいるのが不思議なぐらいです。

**この吊り橋もいつかは朽ち果てて・・・**
20120827mini98.jpg

飽きない程度のイワナは釣れて来ますが、背負ったザックが遠慮なしに肩へくい込み耐え切れなくなると休憩を入れ、その度に両手を上に広げては頭上を見上げると、負い被さる様な落葉樹の間の遥か上にV字の空が見え、時折、吹く風が秋の気配を運んで来てくれ疲れた体を癒してくれます。

**釣れれば嬉しい♪**
20120827research

健脚の友人と歩く時は何時もより早くなる傾向にあります。とは言っても、いい加減に飛ばしている訳ではありません、念入りに探る所はそれなりにしつこくしていますし、要は二人とも単に足が強く早い上に、無駄なくタッタと釣り上がって行く訳なんですね。なので思ったより早く予定をこなしてしまう事が多い理由です。そんな事で、もう、デポ付近に来てしまいました。「さぁ、どうする?なんて一応は言いますが、決まって、「もう少し行ってみよう!」って事になりますね(笑)

**テンカラもOK!の友人は健脚なのだ!**
20120827mini20_1.jpg

ここまで尺物におよそ遠く、今度こそ!と思うのも、引き寄せては期待を裏切られる事が続くと、集中力も途切れて来ますが、こんな時は何か食べて気分転換がイイですね。と、言う訳で、チョッと早目のランチタイム決定~♪木陰で持参したおにぎりを頂いた後、コーヒーを淹れてリフレッシュもした頃に再スタートです。

**気分転換にはこれが一番♪**
20120827research

14時を回り、引き返す時間が近付いて来た頃から徐々に釣果が伸び始め、サイズUPして来ました。ようやく状況が好転して来たのですが、これが時合なのか場所なのか、それとも活水の性なのかよく分かりませんが、何れにしても待ち望んでいた状況に忙しくなりそうです。

**友人に良型がヒット!**
20120827research

そして、と或る落ち込みの頭に並んでいた大石の巻にそっとEHCを浮かべた直後、いきなりドカっとフライを咥えたのが見えました。空かさず合わせてしまいましたが、今日一番の感触に手応えを感じ、半ば強引でしたが岸の浅瀬に引き寄せハンドランディング、体高がある綺麗なイワナでしたが、残念ながら28cmと尺には及びませんでした。

**尺には、あと一歩・・・(^^ゞ**
20120827research

15時頃からは、ほんの10m進むにも20分近く掛かってしまう様な状況でした。時間を忘れ、交互に釣り上がり、リリースを繰り返し、そして、引き返す時間になった時、先行していた友人がプールの岸から私を呼び、手で指しているのが目に入りました。どうやら、イワナを見付けた様で、そこを私に譲ってくれる様です。私はありがとうの合図を送り、身を低くして静かに開きの最後部に着き、もう一度友人に確認後、キャストを開始しました。

**友人もガンガン釣っています**
20120827research

落ち込みから流れは岩盤に当たり、急に深くなる辺りで一度、大石にぶつかり7mほどの開きになっています。開きの中心が流芯となっていて、先ずは大石より後ろの流芯を流してみますが反応はなく・・・の様に見えましたが、横から見てた友人によると、2度のチェイスがあったそうです。そうとは知らずに、今度は大石の前にキャスト何度目かのキャストで、遂にヒット!中々の引きです。慎重に取り込んでハンドランディング、これも尺に及びませんでしたが、まずまずの良型に満足しました。

**これを最後に納竿となりました**
20120827research

お昼を過ぎてもイワナは思うほど釣れなかった・・・「魚が少ないんじゃないの?」とまで愚痴を言ったりしましたが、終わってみればそれは早とちり、間違っていたと思い知らされました。やはり、「秘境は裏切らなかった!」のです。堪能出来たこの川とイワナ達に感謝です。

**サイズはともあれ十分に堪能できました~♪**
20120827mini87.jpg

さて、初めての渓で、そこのキャパシティを引き出す事は、いくら机上で事前に調べて、十分な準備と機動力で望んでも、自然の力は気難しく、エキスパートでもおよそ人のやれる事などたかが知れています。仮に、何回も通いつめて自分の中で把握したつもりでも、思い通りの結果が出せる事はそうあるものではありません、だからこそ面白さがあるのではないでしょうか

**引き返す時こそ注意、ゆとりを持って・・・**
20120827research

しかしながら、釣りというものを少しでも有利に展開して楽しくさせるには、ソフト面でもハード面でも、そうしたいと思う部分に近付ける必要があり、その段階自体も楽しいものです。今回の調査も自身とメンバー達への布石となる様に、友人の協力で実現した訳ですが、未だ始まったばかりで十分ではありません、近い内に続きを調査したいと思います。


【今回のタックル】
・Rod:TFC(Terao Rod)グラファイト・パラボリック・スペシャル 6'8" 5P #4/5
・Reels:Hardy Marquis #4
・Line:SA Mastery GPX WF4F
・Leader:Akron St 4X 9f
・Tippets:Akron Misty Plus 4X 50cm
・Flis:Heteroptera Urethane Foam Flis #12~14/CDC EHC #12~14/Black Ant #14~16

【調査グッズ】
・国土地理院1/25,000の地図
・CASIO PROTREK PRW2000A(コンパス/高度計/気圧)
・Silver compasses(Scale)
・筆記具
・ザイル、ハーネス、カラビナ、ATS・・・


ブログ村ランキングに参加しています。
良ければ"ポチッ"とクリックしてやってくださいね♪
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| Amago &Iwana | 04:04 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

お疲れ様でした
バイクを使ってとは恐れ入りました
しかし、それでも大変そうな溪です
山さんの本領発揮ですね
尺モノが出ず残念でしたけど数釣りを堪能されましたね~

| 鶴造 | 2012/08/29 05:54 | URL | >> EDIT

鶴造様

鶴ちゃん、おはようございます。
久しぶりにバイクに乗りました~♪
今回は、入退渓点までの時間を短縮して出来るだけ長い区間を調査したかったのと林道の悪路を考えるとやはり、バイクが一番良いという理由から友人が準備してくれました。
持つべきものは友ですね♪
この川は、確かに人を寄せ付けない様な大変な所で、それだけに尺物に対する期待はありました。
数的には良かったですが、本来のキャパはこんなものじゃないと思っています。
今後は更に調査を進めて行く予定です。

| 山爺 | 2012/08/29 07:05 | URL | >> EDIT

お疲れ様でした
午前中の調子だとどうなることかと思いましたが、やっぱり入りづらいところにはいるもんですね。
あの区間だけは比較的入りやすく?その上下はかなり厳しいそうです「昨日友人から沢や情報が入って、かなり泳がされるそうです」
残した部分は来期に残すと心残りになるので、できれば何とかしてみたいです
その時はよろしくお願いします

| mtontake | 2012/08/29 07:14 | URL |

mtontake様

KAZ君、お疲れ様でした。
本当に午前中はどうなる事かと心配していましたが、あの区間だけが入りやすかったんですか・・・だからあの結果だったのかもしれませんね(^^ゞ
上下の区間は泳がされるんですか!厳しそうですね><
でも、あの続きはやっておきたいので機会を見て計画しましょう(^^)/~~~

| 山爺 | 2012/08/29 07:34 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>