"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

雪代岩魚を育む魚野川を訪ねて

今では魚野川ブランドとなった"雪代岩魚"に逢いたくて、先日、信濃川の支流、魚野川へ釣友の甚五郎さんと訪ねてみました。
以前からこの"雪代岩魚"の話しが伝わってくるにつけ、一度は訪ねてみたいと思っていましたが、その後、九頭竜川サクラマスレストレーションで知り合い、FB友達でもある魚野川の親分事、Tさんをはじめ、魚野川フリークの皆さんのHPやBlog、FBなどから雪代岩魚のお話しをお聞きする度に益々訪ねてみたくなり、今回の遠征に到ったという次第です。


"雪代岩魚"・・・名前のとおり雪代が出始める頃から終る頃に釣れるイワナをそう呼び、その名付け親が新潟県魚沼市でフライフィッシングのお店を経営する"アングラーズベンチ"オーナー、池田さんです。
"雪代岩魚"と呼び始めて、かれこれ20年は経つそうです。

ホームページ:"アングラーズベンチ"
Blog:"グリースド ライン グライド"

**アングラーズベンチ**
20130326_27uonogawa2_1.jpg


初日
前日まで比較的天候に恵まれていたのに初日から寒気が入り厳しい冷え込みとなってしまいました。
しかし、予定を変更するわけにも行かず、北陸自動車道の柏崎ICで降り、国道252から国道291に入る頃には積雪が目に付く様になり、武石トンネルを抜けると豪雪地帯らしい光景に度肝を抜かれた。私達の所も雪が降り、積雪はあるが問題外、まさに雪国でありました。

午前7時、魚沼市内にある開店前の"アングラーズベンチ"さんを確認してから、南魚沼市石内にある宿の"アンティーズ・ハウスさん"に到着、所要時間、7時間の移動でした。
FB友でもある船沢さんが経営する石内丸山スキー場にあるペンションで、4月からのグリーンシーズンは釣り宿ともなります。
ホームページ:アンティーズ・ハウス

**アンティーズ・ハウス**
20130326_27uonogawa5.jpg

ご挨拶後、コーヒーをご馳走になり、作戦会議・・・数箇所を地図にして頂いて本流の中流付近から車で移動しながら釣り下って行く事にしました。冷え込みは厳しいですが、幸い風が無く体感的にはラッキーでした。しかし、問題は積雪、1m越え、多い所では3m近い所もあり、慣れないカンジキの使用も考えたが、この冷え込みのおかげで雪がしまっており、装着はしなくても済みそうでした。そうそう、積雪といえば駐車場が限られている為に通行の妨げになったりと迷惑が掛からない様に気を付けなければいけません。

**初、魚野川に立ち込む甚五郎さん**
20130326_27uonogawa4_1.jpg

入ったポイントを一つ一つ説明しませんが、まだ雪代が入り始めたばかりの様で、水温も8℃と意外に高かく、ほぼクリヤーでした。何処の流れも釣れそうな雰囲気がありありでしたが、やはり水温の変化がキーポイントとなりそうです。初めての川ですから探りながらの釣りとはなりますが、何時もより丹念にと言うわけに行かず、今回は合流近くまでの長い流程を一通りプラクティス的に考え、何処かで釣りが成立させられたらとの思いでいました。
しかし、反応が無いまま、あっと言う間にランチタイム。

**かじか漁も盛んです・・・フライもカジカフライで**
20130326_27uonogawa0.jpg

午後からは更に下流へ移動、そこまで行くと雪代が入り、僅かな水温低下もみられたが糸口を見付けられないまま、圧しの強い流れに翻弄され、ふと気付くと既に午後4時を過ぎていました。結局、ここまで何の反応もないまま終了。一日中、陽が射す事も無く、冷たい流れの中で忍耐強く頑張りましたが、時間経過と共に芯まで冷え、ネオプレーンを使用しなかった事が悔やまれたのを付け加えておきます。

**河原も雪に埋もれて**
20130326_27uonogawa5_1.jpg

浦佐近くに居た私達は宿に戻る前に"アングラーベンチ"さんへ寄る事にして、帰宅ラッシュの国道17を渋滞とは逆方向に移動です。お店のドアを開け、声を掛けると奥から返事がして、直ぐに池田さんと分かるお髭の方が出迎えてくれました。"フライ フィッシング ポスト"さんのタイイング動画で何回も拝見していた事もあり、初めてお会いするとは思えぬほどの親近感を感じながら、限られた時間の中で、魚野川と雪代岩魚の事や、奥只見の事、ストリーマー"シャローゴースト"などフライの話しなどの素晴らしいお話しを聞かせて頂きました。
おかげ様で、今日の厳しかった実釣を一変して頂いた上、いい形で締め括ってもらえた気がして、本当に好かったと思いました。

**アングラーズベンチ池田さんと甚五郎さん**
20130326_27uonogawa1.jpg

再会を約束して宿へ向かう途中から雪が降り始め、道路は瞬く間に積もり始めました。この天候ですから当然といえば当然で、その上、私達はスキー場へ向かっている訳ですから。
駐車して、宿の"アンティーズ・ハウス"へ行くには、石内丸山スキー場の一部ゲレンデを歩く事になりますが、降りしきる雪の中をそれなりの準備もしないで来た事に後悔、今度は長靴を持参しよう!

熱めの風呂に入り、すっかり温まった所で夕食です。窓の外にはゲレンデを照らすナトリウム灯が雪で霞んで見え、これがもし、好きな女子とだったら最高にロマンチックな雪の夜となるんだろうな~♪なんて(笑)
普段からお酒を飲まない私達ですが、久し振りに日本酒を頂き、気分上々、美味しいお料理も頂いた後、船沢さんと明日の作戦会議です。

**アンティーズ・ハウス船沢さんと作戦会議**
20130326_27uonogawa4.jpg

今夜は睡眠不足、飲み明かすなんて事はありません、明日に備えて午後10時にはおやすみさせて頂きました。ZZZ


2日目
目が覚めると薄っすらと新雪がゲレンデを覆っていた。これを滑り降りたら最高のパウダーが楽しめるだろうに、板を持参しなかった事がちょっぴり悔やまれた。ま、年寄りの冷や水にならなくて良かったのかもしれないけどね。

**ゲレンデはパウダーで最高のコンディション**
20130326_27uonogawa7.jpg

ゆっくりと朝食を頂き、その後に詰めの作戦会議をして船沢さんご夫婦と従業員お方にお別れのご挨拶、またお世話になる事をお願いして"アンティーズ・ハウス"さんを後にしました。

朝一は上流部付近に入りました。雪の中を200m程歩き川に到着、素晴らしい渓相です。しかも水は超クリヤーで下流とは異なる雰囲気でした。いかにもイワナが付きそうなポイントが幾つかありましたが反応なし。2時間ほどで諦めて遠く八海山を眺めながら下流のポイントへ移動しました。

**上流部も素晴らしい流れがありました**
20130326_27uonogawa10.jpg

下流まで来ると川は圧しの強い流れとなり、交互に大きく湾曲して、右岸側、左岸側とポイントも入れ代わります。そして、数ある橋と堤防道路が重要な意味合いを持ちます。特に積雪期は行きたくても簡単には行き着かないポイントが多々ありますので、それなりの釣り欲と体力が必要となります。
幾つかのポイントを探ってみますが、反応はありません、全くありません。その内には自信くまでなくなって来ます。ここを諦めランチタイム、そして更に下流へ移動。

**雪代が入り始め、圧しの強い流れは、思う様に受付けてくれません**
20130326_27uonogawa11.jpg

今回の最終ポイントと決めた場所は、橋の途中から降りて・・・と、聞いていましたが、正直、どういう事なんだろうって思いつつ行ってみて初めて分かりました。邪魔にならない所に車を止めて、橋直下から釣り開始、今度は私が先行させて頂きました。最終ラウンドと思うと引き締まります。そして振り返ると端の上から数人のギャラリーが・・・汗。

雪代が入った中を丁寧に探って行きます、探って行きます、探って行きます・・・?当たった!初めてのそれらしき当たりでした。振り返って甚五郎さんにアピール!暫く探っても反応が無かったために諦め、更に集中して探って行きましたが、結局、何も起こらず午後4時で納竿、2日間の魚野川釣行が終わりました。

**あ、当たりが・・・つい嬉しくて後の甚五郎さんにアピール♪**
20130326_27uonogawa12.jpg

さぁ、移動して反省会です・・・と、そこへTさんからの嬉しい連絡があり、途中の道の駅でご一緒して頂ける事になりました。わざわざ仕事を早く終って駆けつけて頂け、嬉しい限りです。待合せにちょっと行き違いこそありましたが、無事にお会いで来て食事をしながらの反省会となりました。私達の遠慮ない質問攻めにも笑顔で答えて頂き、素晴らしい友達が出来た事に感謝です。

**魚野川の親分事、Tさん**
20130326_27uonogawa14.jpg



【友情に感謝】
今回が初めての魚野川デビュー釣行・・・正確には釣ってないのでデビューを果たせた事にはならないのかも知れませんが、魚野川がある程度分かって来た事で、色々と見直す事も多々ありましたし、次回の為のプラクティスとなった事は大きな収穫でした。それもこれも、Tさんの口利きのおかげ、さすが魚野川の親分は頼もしいです。

そして、魚野川の素晴らしいエキスパート、"アングラーズベンチ"の池田さんや、"アンティーズ・ハウス"の船沢さんとお会い出来、しかも、一番嬉しい様々なアドバイスを頂き、2日間をほぼ無駄なく釣り歩く事ができました。
「皆さんに感謝、お世話になりありがとうございました!」
次回は雪が消えた頃にお邪魔したいと思いますので宜しくお願い致します。

**雪代岩魚との戦いは圧倒的な雪との戦いでもある**
20130326_27uonogawa13.jpg

午後7過ぎ帰途に着く・・・帰宅時間午前2時。
スポンサーサイト

| Amago &Iwana | 22:31 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

何時もながら勢力的ですな、わたすなら、車でお留守番ですな(笑)、
機会が有ったらガイドをお願いしときますm(__)m、

| すっとこ | 2013/04/03 19:29 | URL | >> EDIT

すっとこ様

すっとこさん、こんばんは。
精力・・・違った、勢力的ですかね~?
いやいや、タダの釣れない釣り馬鹿でござい鱒。(笑)
魚野川も良い川ですよ~♪雪代岩魚に拘らずハイシーズンも行きたいですね!機会があったらご一緒くださいませ(^_-)-☆

| 山爺 | 2013/04/03 22:00 | URL | >> EDIT

ご無沙汰してます。

厳しいトコ行ってますね~。
14~15年くらい前まで(安かった頃)は年券買って通ってました。
雪代イワナは何も考えないでやると釣れます(笑)

またご一緒して下さい。

| barden | 2013/04/05 13:18 | URL | >> EDIT

barden様

bardenさん、ご無沙汰しております。
bardenさんが通われていた頃は良く釣れたんでしょうね~♪
30年以上前になるでしょうか、当時はインターネットも無く、釣り雑誌で紹介されていたのをみて、一度訪ねてみたいと思っていました。
その後、新潟、福島を訪ね、桧枝岐村から奥只見、そして信濃川を訪れた時、魚野川にも寄ろうとしましたが、それまでのフィールドで時間を掛け過ぎ、魚野川へ立ち寄る時間がなくなり断念しました。
その後、何度か計画しては機会を逃がし、そして今回はBlogやFB仲間からのアドバイスなどを頂いてようやく実現となった訳です。
残念ながら今回は雪代岩魚に出会えませんでしたが、魚野川の素晴らしさは分かった気がします。
次回は、雪が消えてから訪ねたいと思っています。
ご一緒出来る機会がありましたら是非、ご指導をお願い致します。(^o^)/

| 山爺 | 2013/04/05 21:37 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>