"山爺とSpey"

Fly Fishingに魅了され半世紀、今は桜鱒、虹鱒、白鮭など本流の釣りに嵌っています。

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

御嶽山 継子岳BCスキー

【山名】御嶽山 継子岳2,858m
【山域】岐阜県/長野県 御嶽山
【コース】チャオ御嶽スノーリゾート~ゴンドラ山頂駅ゲレンデトップ~樹林帯シール歩行~2,400m森林限界クランポン使用~継子岳北北西シュート2,600m地点ドロップポイント~滑走森林限界下部ルンゼ~樹林帯~ゴンドラ山頂駅ゲレンデトップ~チャオ御嶽スノーリゾート
【日付】2017年3月17日(金)
【メンバー】ガイドKAZU氏と自分
KAZU氏:開田高原でペンション経営 「プチビラMTおんたけ」・スキーインストラクター、スキーパトロール、長野県山岳遭対協ほか地元の活動にも寄与
【天候】晴れ 気温:-8℃~-2℃
【行動時間】4時間30分
【危険情報】冷え込んだ朝、森林限界より上は雪の状態を見極めアイスバーンに注意
【難易度】雪山と中・上級以上のスキー技術
【必要装備】バンディットB2-182cm・ディナLTL・ディナAero fe・G3シール・ディナクランポン・マムートアバランチセット・ヘルメットなど
【コメント】今回のガイドは友人でSNOWスペシャリストのKAZU氏。彼に対する山の事なら絶対的な信頼感がある。

**特設テラスで私とKAZU氏・標高2,600m付近を登るKAZU氏**
20130317ontakeBC1.jpg 

ゴンドラ山頂駅スキー場トップから樹林帯へ歩行開始。
久し振りのシール歩行はスキー靴の履き合わせがうまくなかったのと雪山のハードさもあり結構きつかったが樹林帯を抜け継子岳北北西シュートに出た辺りから山容は一変、これぞ冬山と思える緊張感があった。シールとクランポンのおかげで30度ぐらいまでなら結構楽に登れた。KAZU氏は新雪をラッセルしながら楽々と登って行くが徐々に遅れる事も度々あり歳を感じずにはいられなかった。
上部まで来るとぐるっと雪一色になり眺望も素晴らしく直ぐ前に乗鞍岳や北アルプスが見え、雲海の下には飛騨の峰々が望めた。
更に登り、ピーク下150m付近にあるルンゼの100m下方をドロップポイントとした。
本来、継岳頂上2,858mよりの滑走と言いたい所だが、私の足の事への配慮とこれより上部は雪が少ないのか露岩が目立つ為、安全にも配慮して継子岳北北西シュート2,600m地点をドロップポイントとしたのがその理由である。

**2,600mのドロップポイント・KAZU氏の適切なガイドで安心**
20130317ontakeBC2.jpg 

先行のKAZU氏がテラスを作ってくれてゆっくり休憩、雪の白さと真っ青な空、そして強烈な紫外線は高山特有に思え、ここから滑り降りるのはエクストリームの世界に近いものがあるとあらためて感じた。足の痛みが少し楽になった所で絶対に転ばない事を念頭に滑走開始、光栄なファーストトラックを譲って頂きました!

ワクワク感の中、ターン一つ一つをしっかりとこなしながらパウダーの中を降りて行くが時間経過と共に若干重めに変化していた。途中にいた非番のボーダーパトロール一年生君を越した所でストップ、振り返りシュプールに感動、アドレナリンが出まくる。直ぐにまたシュートの中を滑るとパウダーがハードシェルに被るのが気持ちが良い!足の疲れを感じた所でチェック&休憩、そしてKAZU氏を待つ。流石とも言える彼の滑りはスピードと安定感がマッチして格好良過ぎるほどである。
直ぐに追い付いて、そこからまたファーストトラック、もう最高でした。
森林限界線まで来た所でKAZU氏を待つ、その滑りを撮ろうとしたが残念ながら手間取って間に合わなかった。次にパト一年生君を待つ、初めてのBCだと聞いたが流石のすべりであった。ここから樹林帯の入口まではKAZU氏が先行して後を追う。樹林帯の中は空間が狭く滑り降りるには前方を十分に注意しながらスピードコントロールする必要があり一番疲れるエリアなのかもしれません。

樹林帯を出ると目の前にゴンドラ駅が現れる。そこからはチョッと物足らないぐらいのゲレンデ滑走となるが疲れている足にはその距離が辛く、途中で休んでしまった。

**御嶽山 継子岳・白樺林・継子岳北北西シュート森林限界上からの飛騨側眺望**
20130317ontakeBC3.jpg 

振り返ると継子岳がまた来いよと言っている様な気がした。次回はピークからのリベンジを約束して気持ち良くセンターハウスへ滑り込んだ。
今回、休みを取ってガイドをしてくれたKAZU君に感謝。
安全に配慮した感動的で素晴らしいBCスキーの世界をこれからも続けて行きたいですね。

**BCスキー動画**
非番の新人パト君が撮ってくれました♪(^_-)-☆

| mt. | 20:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

九頭竜川の夜・・・牡蠣パーティーⅡ

九頭竜川が解禁してから2回目のご招待を受けて「牡蠣パーティー」へ。
県内は小浜産の質の良い美味しい牡蠣をご馳走になりました。
サイズが大きくプリプリ、レモン酢も良いけどそのまま頂くのが一番、濃厚でミルキーな旨さでしたね。十分に加熱処理をしてノロウィルスなどが感染しないようにしてください。

釣りでは外道が・・・多分、姿を見せないまま巻かれてフックオフ。まぁ、こんなものでしょう。
結局、サクラマスからの反応は無し、まだまだ修行は続きます。

**牡蠣パーティーに釣られて・・・**
20170225_26kuzuryu.jpg 

| Kuzuryu River | 14:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

釣り日和な九頭竜川

前夜、飲み過ぎたらしい友人と遅めの釣り開始。
冬晴れの釣り日和な九頭竜川ではあったがいかんせんサクラマスの反応は無し。
それでも今日が解禁という友人に付き合ってしっかり振り倒して来ました!
気の所為か釣り人が少ない様に感じたのは私だけ?
どうやら今年は遡上が少ないから釣れないと言うのが大きな理由らしい?
釣果の動向を見て動く釣り人が多くなるようです・・・。

**釣り日和?寒かったけど(笑)**
20170219kuzuryu.jpg 

| Kuzuryu River | 14:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

白山ユネスコ エコパーク拡張登録記念 市民シンポジウム

ジャパン フライ フシィッャーズ(JFF)さんのアニュアルミーティングで講演させて頂いた報告とお預かりした感謝状などを石徹白C&Rネットワーク代表の斉藤彰一さんへお渡しに、サクラ マス レストレーション代表の安田龍司さんと、JFFヘッドクォーター(HQ)桶谷さんと、私の3人で郡上市白鳥へ・・・残念ながら斉藤さんは体調不良のために事務局の大津さんにお願いしました。

白鳥では丁度、「白山ユネスコ エコパーク拡張登録記念 市民シンポジウム」が開催されており、石徹白漁協さんも参加されているため石徹白組合長さんともお会いでき、またその活動をC&Rネットワークの松山さんが展示パネルなどを作成され、展示スペースで見学者の方々にご説明をされていました。時間が無い中での作成とかでしたが中々、分かりやすい内容で良かったと思いました。
この地域と、石徹白C&Rネットワークにとって更に良い方向へ進む事を願っています。

また石徹白でご活躍されている近藤佳奈さんも講演をされるとの事でしたが残念ながら時間が来てしまい、ご挨拶も出来ないままに福井へ移動となりました。

**白山ユネスコ エコパーク拡張登録記念 市民シンポジウム**
20170218hakusansinpo.jpg 



| itoshiro | 14:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

JFF Annual Meeting

土曜日の夜からJFFさん主催の懇親会と翌日の「JFF Annual Meeting」にお招き頂き、安田師匠と私の二人でお邪魔させて頂きました。ガイドは、BPFFとJFF会員で友人の桶谷憲一さんです。
公式ホームページ《Japan Fly Fishers

懇親会は、ん十年ぶりの新宿歌舞伎町、ネオン瞬く眠らない街はやはり人で溢れていました。久し振りに再会できた方や、ようやく会えた方など歓迎ムード中、ちょっぴりお酒も入り、リラックスした楽しい時間はあっと言う過ぎてしまいました。

翌朝、歩きながらビルの谷間から見上げる冬の空は青く、それだけを見ていると岐阜で見る青空と何ら変わらない不思議な気もしました。会場の京王プラザホテルでは名誉会長の佐藤盛男さんじきじきにお出迎えをして頂き大変恐縮でした。
Annual Meetingが始まり、年次報告などが滞りなく終るとランチタイムでしたが午後からの講演会前説が気になり美味しいはずの味も覚えていません(笑)

先ずは、私の前説。自己紹介に続き、所属するビーバーポンドフライフィッシャーズ(BPFF)とJFFさんとの係わり合いについてと、サクラマスレストレーション(SR)さん、石徹白C&Rネットワークさんとのネットワーク活動などを紹介させて頂き私のお役目終了。
次にサクラマスレストレーション代表 安田龍司さんが、今回の本題「サクラマスを指標種とした河川環境の改善」を講演。
去年の夏、JFFの皆さんに石徹白へ来て頂いた折にはその一部を聞いて頂きましたが今回は更に最新の内容にまとめられたものでした。
皆さんには熱心に聴いて頂け、また質問も頂いたりと安田さんも私も大変嬉しく、また一つネットワークが繋がった思いでいます。憧れの場で貴重な時間を頂け本当にありがとうございました。

引続き恒例のオークション。話しには聞いていましたが会員の皆さんがこの日の為に持ち寄ったFFグッズや作品などが所狭しと並び魅力的なものが満載でした。私も幾つかを手にする事ができました。中でも佐藤会長が撮られ、芦澤家に飾られていた在りし日の芦澤一洋さんのフライフィッシング写真は直感的に欲しいと思い、手にする事ができました。
これを今回、一緒に来れなくて無念な思いをしていた大切な友人に贈りたいと思っています。その友人も私と同様、芦澤さんを愛してやまない良き時代のフライフィッシャーです。

最後に34年前、フライフィッシング倶楽部を立上げるきっかけと知識、マナー、テクニックを教えてくれた故 芦澤一洋さんのご冥福と、ご家族様のご多幸をお祈りすると共に、JFFさんの更なるご発展を願って感謝の言葉に変えさせて頂きます。

**歴史あるJFFさんのアニュアル ミーティング、素晴らしいイベントでした!**
jff.jpg

| Event | 23:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。